自律訓練法を行うときの注意点と副作用 【めまいや動揺感、脱力感】について

自律訓練法を行うときの注意点と副作用について

 


 

自律訓練法は催眠法を基本にしてつくられているので、練習をしているうちに、催眠にかかったときと似た意識状態になることがあります。

 

そのような状態ですぐに目を開けて立ち上がると、めまいや動揺感を覚えたり、頭が重かったりします。

 

 

また、筋肉も弛緩しているので、手足に力が人らず脱力感を感じたりすることがあります。

 

そこで、1回の練習ごとに、必ず消去動作を行います。

 

 

まず胸元で両手を握り、少し力を入れて5~6回開いたり閉じたりします。

 

次に両肘の屈伸運動を2~3回、続いて両足の屈伸運動を2~3回行います。

 

さらに大きく背伸びをするように2~3度深呼吸をし、静かに目を開きます。

 

 

自律訓練法の練習回数は、2~3分ごとに軽く消去動作を入れ、延べ10分を1セッションとし、1日3セッション程度が好ましいとされています。

 

時間帯は目覚めたとき、朝食後、昼食後、就寝前などがよいでしょう。

 

 

練習中に雑念にとらわれ、練習がうまくいかないことがありますが、無理に雑念を追い払おうとするのではなく、むしろ浮かぶにまかせて、「気持ちが落ち着いている」といった公式言語を唱えていると、いつのまにか消えていくものです。

 

 

個人差はありますが、一般に1~2か月程度で習得できます。

 

 

なお、副作用として練習中にしびれやめまい、腹鳴などの症状が現れたり、過去の出来事を次々に思い出したりすることがあります。

 

これらの副作用は自律性解放とよばれる現象で、平常抑えられていたものが、生体の自然治癒力によって解き放たれたためです。

 

これらは、練習効果によるものですから心配するには及びません。

 


 

自律訓練法を実行するにあたって、心得ておくこと

 

自律訓練法を始めるとすぐに緊張感が消失し、リラックスできると思う人がいますが、そういう人は効果が表れないとすぐにやめてしまいがちです。

 

 

早急な効果を期待してはいけません。要は、完全にマスターすることが大切です。

 

そうすれば何らかの効果が出てくるはずです。また、練習効果に波があることも覚えておきましょう。

 

 

最初はなかなか感じがつかめない人もいるかもしれませんが、焦ってはいけません。

 

自律訓練法をやらなければならないと思うと、かえってストレスになってしまう場合もあります。

 

この訓練が楽しいと思えるように心を仕向けることも大切です。

 

 

 


合わせて読みたい記事

自律訓練法とは?ストレス解消の手段として有効
ストレス解消の手段として有効とされる方法の一つが自律訓練法です。この訓練法は、催眠法がベースになって生みだされました。
自分で行う自律訓練法のやり方 【効果がでるまでの期間】
自律訓練法には、基本的な標準練習(「自律訓練法の6段階の標準練習」参照)と、その練習によって得られた自律状態をベースにして進める自律修正法、黙想練習法といったさまざまな特殊練習があります。
自律訓練法の効果 【精神的な不安が払拭でき、体調を整えることができる】
自律訓練法を続けていると、からだに心理的・生理的な変化が起こってきます。不安感や緊張感が減少するほか、生理的な諸問題が改善されていることがわかります。
自律訓練法の体験談 胃潰瘍が全快し集中力もアップ
自律訓練法を続けることで、凡帳面な完全主義者だったワタシの性格にも、穏やかな面がみられるようになり、勉強への集中力も高まってきました。

このページの先頭へ戻る