自律訓練法の体験談 胃潰瘍が全快し集中力もアップ

自律訓練法の体験談 胃潰瘍が全快し集中力もアップ

 


 

公務員のワタシは、弁護士として独立したいと考えて、4年前から司法試験合格を目指して勉強しています。

 

意思は強いので毎日の勉強は欠かしませんが、凡帳面すぎる性格が災いしてか、一つの問題でつまずいてしまうと、それが解決できるまでは先に進めないので、勉強が思うようにはかどらないのが悩みです。

 

 

さらに4年目に入ると、プレッシャーや心労のためか、胃潰瘍になってしまいました。

 

もちろん医師からはハードな受験勉強は控えるように言われましたが、入院の勧めを断って、自律訓練法の指導を受けることにしました。

 

 

同じような症状の人たちとのグループ講座に通うようになって約1か月後、驚くことに胃潰瘍が小さくなってきたのです。

 

さらに1か月後には、潰瘍が完治しました。

 

 

自律訓練法を続けることで、凡帳面な完全主義者だったワタシの性格にも、穏やかな面がみられるようになり、勉強への集中力も高まってきました。

 

模擬試験ではこれまでの最高得点をあげられるようになりました。この調子なら、来年の司法試験合格も夢ではないでしょう。

 

(男性 34歳)

 

 

 

 


合わせて読みたい記事

自律訓練法とは?ストレス解消の手段として有効
ストレス解消の手段として有効とされる方法の一つが自律訓練法です。この訓練法は、催眠法がベースになって生みだされました。
自分で行う自律訓練法のやり方 【効果がでるまでの期間】
自律訓練法には、基本的な標準練習(「自律訓練法の6段階の標準練習」参照)と、その練習によって得られた自律状態をベースにして進める自律修正法、黙想練習法といったさまざまな特殊練習があります。
自律訓練法の効果 【精神的な不安が払拭でき、体調を整えることができる】
自律訓練法を続けていると、からだに心理的・生理的な変化が起こってきます。不安感や緊張感が減少するほか、生理的な諸問題が改善されていることがわかります。
自律訓練法を行うときの注意点と副作用 【めまいや動揺感、脱力感】について
自律訓練法は催眠法を基本にしてつくられているので、練習をしているうちに、催眠にかかったときと似た意識状態になることがあります。そのような状態ですぐに目を開けて立ち上がると、めまいや動揺感を覚えたり、頭が重かったりします。また、筋肉も弛緩しているので、手足に力が人らず脱力感を感じたりすることがあります。そこで、1回の練習ごとに、必ず消去動作を行います。

このページの先頭へ戻る