女性と依存症

女性と依存症

 


 

女性のキッチンドリンカーやパチンコ依存症などが増えています。この傾向は今も続いています。

 

1996年に、パチンコに熱中した主婦が子どもを車の中に放置して死亡させた事件があり、母親の自覚が足りないなど、その主婦への非難が集中しました。

 

しかし、この批判のなかにこそ、女性を依存症に駆り立てる要因があるのです。

 

 

女性の社会進出と生き方の多様化が進む一方で、小さな子どもを抱える女性のなかには子育てと家事をするだけの自分の存在にむなしさと不安を感じる人も少なくありません。

 

その不安、満たされない思いを、身近な酒やパチンコで紛らわせてしまい、そこから依存性がつくられていくのです。

 

 

女性に対する価値観を、男性も女性も見つめなおさなくては、今後女性の依存症の増加傾向を減らすことは難しいでしょう。

 

女性がアルコール依存症になるきっかけは、心理的要因が多いとされています。その背景には女性を取り巻く社会的な環境も大きく影響しています。

 

 

 

 


合わせて読みたい記事

依存症とは?
かつて、依存症をつくり出すのはアルコールや麻薬だと考えられていました。 しかし、人間はごく日常的な事柄に対して病的にのめり込み、依存症となりうることがわかってきました。
依存症チェック 次の3つ以上の項目にあてはまる場合、依存症が疑われます。
依存症は特別な人だけがかかるものではなく、だれもがおちいる可能性のある症候群です。大切なのは、依存症になるさまざまな要因と過程を積み重ねないことです。心当たりのある人は、「依存症の予防」を参考に、早めに軌道修正してください。
依存症の原因 子ども時代の親子関係が大切
依存症は脳に物に依存したい欲求が起き、それがエスカレートしていく病気だと考えられています。ですから、その原因を取り除かなくては、たとえ表面的には依存から抜け出したようにみえたとしても、また別のものに依存することを繰り返していくだけです。
依存症の治療と予防
依存症から抜け出すために、依存症にならないためには、依存症の治療と予防について説明しています。

このページの先頭へ戻る