アルコール依存症

目次

  • アルコール依存症とは
  • アルコールによる三つの精神障害
  • 女性は短期間でアルコール依存症になる
  • 個人差のあるアルコール分解能力
  • 短時間で酩酊する急性アルコール中毒
  • インターネットでわかるアルコール依存症チェック
  • アルコール依存症の治療

 


 

アルコールに依存する人は酒がないと不安になり、イライラします。本人の強い決意で回復することができます。

 

未成年者の飲酒が増加しているといわれています。育ち盛りの飲酒は、脳や生殖機能に大きな障害を与えることがあります。

 

アルコール依存症:関連カテゴリー

依存症 台所症候群

 

 


アルコール依存症記事一覧

アルコール依存症とは
具体的には、肝機能障害や不眠、手のふるえ、発汗など、身体的な症状のほかに、職場や家庭内で飲酒によるトラブルが起こるなど、社会生活への悪影響が出ていれば、明らかにアルコール依存症に進んだといえます。
アルコールによる三つの精神障害
アルコール飲料の乱用によるさまざまな障害をアルコール症といいます。精神障害を「アルコール精神疾患」と総称し、急性アルコール中毒、アルコール精神病、アルコール依存症の三つに分けています。
女性は短期間でアルコール依存症になる
女性がアルコール依存症になりやすい最大の理由は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が肝臓のアルコール脱水素酵素とMEOSの働きを抑制し、アルコールの代謝を遅くするためです。
個人差のあるアルコール分解能力
アルコールの分解能力には個人差があります。健康な成人では、その差を決定づけているのは体内の分解酵素の量であるといわれています。
個人差のあるアルコール分解能力
短時間のうちに大量の飲酒によって酩酊(めいてい)状態となってしまったものが急性アルコール中毒です。血中のアルコール濃度が急激に上昇し、運動能力が低下してしまいます。
インターネットでわかるアルコール依存症チェック
アルコール依存症の夫をもつ妻のためにASTWAとよばれるテストがインターネット上にあります。いくつかの質問に答えていくと、共依存や嗜癖行動の全体的傾向だけでなく、世話やき傾向度や支配的傾向度、まき込まれ度、完全主義傾向度、低い自己評価度などがわかります。
アルコール依存症の治療
アルコール依存症の治療法は、断酒以外にありません。禁酒後、1週間ごろに現れる禁断症状に対しては、安静に過ごすことが第一の治療になります。

このページの先頭へ戻る