不安障害

目次

  • 不安障害とは
  • 自然な不安と病的な不安(不安障害)
  • パニック発作を伴うことが多い不安障害
  • 特定の恐怖症・社会恐怖
  • 不安障害の治療と診断

 


 

自分ではコントロールできない強い不安感のために、不安を誘発する物や状況を異常に避けるので、日常生活や人づき合いに困難をきたします。

 

大勢の人の前に出たり人に会うのを極端におそれるのも不安障害の一種です。

 

 

 


不安障害記事一覧

不安障害とは
ストレスやつらい幼児体験の記憶、神経質な性格など心理的問題がからみ合い、強い不安や恐怖感が繰り返し起こるものを不安障害とよんでいます。
自然な不安と病的な不安(不安障害)
不安や恐怖感によって社会生活、日常生活に支障が生じている場合は病的ということができます。
パニック発作を伴うことが多い不安障害
何らかの不安障害をもつ人は、自律神経が過剰に興奮するパニック発作を起こすことがあります。
特定の恐怖症・社会恐怖の分類
特定の恐怖症・社会恐怖の分類、特徴・タイプ・発症しやすい年齢と大人と子どもの違いについて
不安障害の治療と診断
不安障害については、発症の引き金となる事例や発症しやすい年代が次第に明らかになってきており、治療は個々の状態をみながらいくつかの療法を組み合わせて行われています。

このページの先頭へ戻る