境界性人格障害の体験談 思春期に人格障害を発症

境界性人格障害の体験談

 


 

 

1年ほど前からささいなことで親に殴るけるの暴力を振るうようになり、母親に連れられて精神神経科を訪れました。

 

医師は面談を通して、家庭内暴力が始まるずっと以前からあった、さまざまな問題行動を把握しました。

 

 

電気メーカーの営業マンである父親と専業主婦の母親のもとで育ちましたが、幼いころから手のかからない子どもだったようです。

 

小学生時代も母親の手伝いをしたり、何でも素直にいうことを聞くやさしい性格で、成績も優秀だったといいます。

 

 

そんな私にに異変がみられ始めたのは、中学2年生のころでした。

 

頭痛がするといって学校をよく休むようになり、高校受験の時期になると、隠れて飲酒をするようになりました。

 

「本当の自分がわからない」といった思いを抱くようになったのです。成績は低下し、第一志望だった進学校の受験は失敗してしまいました。

 

 

高校には進学したものの、イライラしているかと思えば、突然気が抜けたようにぼうっとするなど、精神の不安定さが顕著になりました。

 

髪の毛を赤く染めた時に父親が叱責した途端に、「口出しするな」といって、暴力を振るうようになってしまいました。

 

 

父は仕事で忙しく、家庭のことや子育てはすべて母親任せでした。

 

こうした状況やDSM-Ⅳの診断基準、性格検査などから、境界性人格障害と診断されました。

 

 

母親からの自立ができないまま成長してアイデンティティーに混乱を生じ、さらには受験の失敗が重なって人格障害を引き起こしたと考えられます。

 

現在は精神安定剤を服用するとともに、家族療法による治療を受けています。

 

(男性 17歳)

 

 

 


合わせて読みたい記事

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)とは?
境界性人格障害という分類については、いまだに未解決な問題があり、この障害が果たして人格障害といえるものなのか、単に何らかの精神障害に移行しうる状態にすぎないのではないかといった論議が現在も続いています。
見捨てられる不安が異常に強い境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)では、衝動的で、激しい怒りがよくみられるほか、アイデンティティーの障害があり、自分自身のイメージをはっきり描けません。なかでも特徴的なのは、対人関係における見捨てられ感です。
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の原因
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の原因としては、1歳~3歳くらいまでの幼児期に、特に母親との関係で情緒的に傷ついたり、何か大切なものが形成されなかったりしたために、心の中に欠損のようなものが生じ、10代後半あたりから、さまざまな症状をきたすと考えられています。
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の診断
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の診断基準として、次の九つの性格・行動傾向のうち、五つ以上の項目に該当する場合としています。
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の治療
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)は、ほかの障害に比べて、治療を途中で放棄する患者が多く、治療者にとっても困難な障害の一つとされます。
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)は、なぜ女性に多いのか?
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)は、明らかに若い女性に多くみられる障害で、今後さらに増える傾向にあるといわれます。

このページの先頭へ戻る