コミュニケーションとストレス

目次

  • コミュニケーションとストレス
  • 対人コミュニケーションとは
  • コミュニケーションが困難になるとき
  • コミュニケーション・ストレスが招く病気
  • 円滑なコミュニケーション方法の手段

 


 

コミュニケーションにおけるストレスが積み重なると、対人恐怖やうつ病といった心の病を引き起こす場合があります。

 

ストレスがたまらないような、自分なりのコミュニケーションの方法を模索することが大切です。

 

コミュニケーションがうまくいかないと、対人関係や社会生活に支障をきたし、大きなストレスを招くことがあります。

 

 

 


コミュニケーションとストレス記事一覧

コミュニケーションとストレス
家庭や学校、職場、地域社会などにおける多様な人間関係のなかで、コミュニケーションを保ち続けていこうとするとき、誰もが多少の心理的負担を覚えるものです。
対人コミュニケーションとは
人と人との間で行われる情報やメッセージの交換を対人コミュニケーションといいます。対人恐怖の治療(精神療法)としては、森田療法、精神分析療法、行動療法、認知療法、内観療法、夢分析、箱庭療法などがあげられます。
コミュニケーションが困難になるとき
職場では、立場の違いなどを反映して、コミュニケーションが困難になることが多いものです。
コミュニケーション・ストレスが招く病気
コミュニケーション・ストレスが胃潰瘍などの身体疾患を悪化させたり、さまざまな心の病を引き起こすことがあります。
円滑なコミュニケーション方法の手段
コミュニケーションの手段として、真っ先に思い浮かぶのは言葉です。しかし、言葉だけではなく、行為や態度も情報やメッセージを伝えるための大きな手段となっています。

このページの先頭へ戻る