カウンセリングとは

カウンセリングとは
(※画像はイメージです。)

 


 

専門家が悩みや不安を抱えた人の相談にのり、いろいろな治療法によって、心の問題をのりこえるための指導や援助をすることを「カウンセリング」あるいは「心理面接」といい、カウンセリングを行う専門家が「カウンセラー」です。

 

 

精神科医が重度の神経症や精神病などの患者を治療する「心理(精神)療法」と異なり、カウンセリングは悩みを持つごくふつうの人を対象とします。

 

また、精神科医は治療行為のひとつとして薬物を使うことがありますが、カウンセラーにはそれはできません。

 

カウンセリングでは来談者を「クライエント」とよび、これは“求めている人”という意味です。

 

 

カウンセラーの資格としては文部省認可の(財)日本臨床心理士資格認定協会が認定する「臨床心理士」があります。

 

臨床心理士になるためには原則として、心理学専攻の大学院修士課程修了後、1年以上の心理臨床経験がある者、医師免許取得後2年以上の心理臨床経験がある者など、いくつかの条件があります。

 

 

その他、日本カウンセリング学会の「認定カウンセラー」、(社)日本産業カウンセラー協会が資格取得試験を行っている「産業カウンセラー」などがあります。

 

カウンセラーに自分の過去や現在を語ることで、自分の抱えている問題の原因を探り、対処の仕方を考えていくことができます。

 

 

上司と部下の板挟みになって体調を崩す、同級生や同僚から仲間はずれにされている気がして学校や職場を休みがちになるなど、社会とうまく調和できなくなったり、さまざまな原因で心の歯車がうまく回らなくなった人たちの「救いの船」がカウンセリングです。

 

 

日本でもかなり浸透してきましたが、発祥の地アメリカに比べて、まだまだ社会的な認知度も必要性も定着していないのが現状です。

 

社内の異動や昇進を契機として心のバランスを崩す例も多くなっています。

 

出社拒否症や、異常な行動に走る場合もあり、企業内カウンセラー・産業カウンセラーなどの専門家に早めに相談したいものです。

 


 

心理カウンセラー

 

セルフカウンセリング

 

本来、カウンセリングはクライエントとカウンセラーで進めていくものですが、カウンセラーに頼らず紙と鉛筆を使って書き、それを読むだけの行為で自己分析する「セルフカウンセリング」という方法もあります。

 

 

この手法では、外面に現れる行動のもとになる「感情」を重視します。

 

たとえばほめられてうれしいという感情の奥には「ほめられたい」という欲求があり、イライラしているときには「思うようにしたいのにできない」という欲求がひそんでいると考えます。

 

 

このカウンセリングではまず、一日のなかで感じたことや聞いたこと、思ったこと、言ったことなどを細かく書いていきます。

 

数日後から書いたものを何度も読み返し、再確認したこと、気づいたことなどを書き入れていきます。

 

何回か読んでいるうちに、問題はどこにあるのか、解決するには具体的に何をしたらよいかなどを発見できるわけです。

 

人が劣等感を解消し、毎日の生活の流れを調整し、環境を改善する方法を見いだし、自己実現をはかるために知識や助言を与えるのがカウンセリングです。

 

ただし心の問題を解決できるのは結局自分自身であり、カウンセラーはその手助けをしてくれる存在なのです。

 

日本ではまだカウンセリングを受けることにマイナスイメージを抱きがちですが、からだの病気で医師を訪ねるように、カウンセラーを訪ねて心の健康をはかることは当然という時代になりつつあります。

 

 

 


合わせて読みたい記事

カウンセリングを受ける
カウンセリングの対象者は一般には社会や職場、学校、家庭などに「適応しない人」(不適応、適応失敗)で、「適応」している状況
カウンセリングの流れ
社会とうまく調和できなくなったり、さまざまな原因で心の歯車がうまく回らなくなった人たちの「救いの船」がカウンセリングです。ここではカウンセリングの流れを説明しています。
カウンセリングの種類(精神分析療法・行動療法・自律訓練法・家族療法・箱庭療法)
カウンセリングを実際に進めていくときに、いくつかの方法を用いて治療をすることがあります。精神分析療法、行動療法、自律訓練法、家族療法、箱庭療法、認知的療法、音楽療法などがあります。
子どものカウンセリング - 遊戯療法(プレイセラピー)
子どもはカウンセリングに向いていません。というのは、悩みを訴えるのは連れてきた親である場合が多く、子どもにはカウンセリングを受ける動機が理解できないからです。
芸術療法 - アートセラピーの種類とその効果(絵画療法・音楽療法など)
音楽や絵画に親しむことは、心身を癒すだけでなく、生活に潤いを与えます。芸術療法といっても、決して難しいものではありません。要は、五感を研ぎ澄まし、生活を潤いに満ちたものにすることが大切です。

このページの先頭へ戻る