異文化ストレスとは

異文化ストレスとは
(※画像はイメージです。)

 


 

異文化ストレスとは、異文化との出合い・カルチャーショック・文化摩擦などによって生じるストレス反応をいいます。

 

 

近年、留学、ビジネス、国際協力ボランティア、国際結婚などで海外に滞在する日本人が100万人を超すなど、国を越えた人の動きが活発になっています。

 

交通網や通信手段の発達、マスメディアのグローバル化などにより、海外の文化は距離的にも心理的にも身近なものになりました。

 

 

しかし、いくら海外の情報がさまざまな形で紹介され、海外旅行もめずらしくなくなったとはいえ、異文化のなかで生活すれば、さまざまなストレスに直面することに変わりありません。

 

最近では、現地の人の考え方や態度、生活習慣などに対するストレスは比較的少なくなり、むしろ海外に移住したことで、もともと抱えていた精神病的素因や家族間のトラブルなどがより顕在化してくることが多いといわれます。

 

例えば、夫が仕事中毒・仕事依存症(ワーカホリック)で家庭を顧みないタイプだったりすると、ろくに話し相手もいない外国では、妻は国内にいるときよりもさらに孤独になり、うつ状態に陥ったりします。

 

逆に海外赴任によって時間ができ、夫婦で話をする時間が増えたために、お互いの考え方や将来設計の違いなどが明確になり、離婚に発展するケースもあります。

 

 

こうした精神的な悩みやトラブルが起きても、海外では日本語で気軽に利用できるメンタルケアの機関がほとんどないに等しいのが現状です。

 

現地の医療機関にかかろうとしても、問題が精神的なものだけに言葉の壁が大きく、なかなかうまくいきません。

 

 

その結果、人知れず悩み、人知れず解決しようとしてかえって精神的負担を大きくしてしまうことがよくあります。

 

身近に気軽に日本語で話し合える人がいない場合は、特にメンタルヘルスに注意をする必要があります。

 

 

 


合わせて読みたい記事

精神症状が起因となる旅行
外国への渡航は、観光のように決まった居所をもたずに渡航する旅行者、居所を定め留学や就労を目的として渡航し本国への帰国を予定する一時滞在者、国際結婚や移民などのように渡航国への定住を目的として本国への帰国を予定しない永住予定者などに大きく分けることができます。
カルチャーショック要因
異文化に出合ったときに生じるさまざまな問題を、一般にカルチャーショックといいます。カルチャーショックには、言葉、文化の構造や意識の違いなど、さまざまな問題があります。
言葉の壁が大きい海外生活
海外生活は、やはり言葉が最大の障害です。外国語の能力が高い人ほど精神の健康度はよい傾向がみられますが、本人がおかれた環境によっても要求される語学レベルが違ってきます。
異文化がぶつかり合う国際結婚問題
結婚した当初は緊張が持続しますが、しばらくすると周囲の事情がわかってきて「大変なところにきてしまった」「想像と違う」といった不安や問題が生じてきます。
同一性が混乱してしまう帰国子女
学齢期に達した子どもたちは、異文化への適応を余儀なくされ、母国に帰国するときに再び精神的負担を強いられるという二重の苦悩があります。
在日外国人の心の問題の相談
在日外国人の場合は、まず保健所や精神保健福祉センターに相談してみることです。電話で話ができる日本人医師を見つけておくのも大事なことです。

このページの先頭へ戻る