非行

目次

  • 非行の原因
  • 行為障害と非行
  • 非行を防止するために
  • 非行の治療とさまざまな精神療法

 


 

最近の子どもたちは、友だちとの関係を維持するのにとても神経を使っているといわれます。

 

グループでの非行が目立つのも仲間はずれになりたくない一心からです。

 

 

 


非行記事一覧

非行の原因
従来からみられるタイプの非行少年は、父子家庭、母子家庭などの1人親家庭で放任されていたり、家族間に争いごとが多いなど、成育歴や家庭環境にマイナス要因が認められることが多いといわれます。
行為障害と非行
行為障害の基本的特徴は、「他者の基本的人権または主要な年齢相応の社会的基準や規則を無視する行動様式が繰り返され、または持続すること」とされ、次のような条件が示されています。
非行を防止するために
再犯を防ぐには最初の補導時に、どのように子どもと対応するかが重要とされています。非行を防止するために子どもをしかることも大切ですし、金銭の管理をしつけるなども大切なことです。
非行の治療とさまざまな精神療法
非行の治療にあたっては、行動そのものを治療の対象にするのではなく、そのような行動を起こさざるを得ない青年期に直面する課題や人格構造をみていきます。

このページの先頭へ戻る