老年期の心の病気

目次

  • 老年期の心の病気
  • 老年期の精神疾患の特徴
  • 老年期に現れやすい心の病気
  • 老年期の精神疾患の症状と診断
  • 老年期の精神疾患の治療とメンタルケア

 


 

老年期の精神疾患の主なものとして、認知症やうつ病があげられます。周囲の人には、本人の人格を十分に尊重したうえでのケアが求められます。

 

老年期には、特徴的な心の変化がみられます。高齢者を対象とする医療は、心身両面にわたる機能の低下を考慮することが大切です。

 

老年期の心の病気:関連カテゴリー

心の病とライフサイクル せん妄

 

 


 

老年期の心の病気記事一覧

老年期の心の病気
老年期は人生最後のライフステージであり、成熟・達成の時期です。同時に、心身両面が老化する時期であることも否定できない事実です。
老年期の精神疾患の特徴
老年期には、さまざまな精神疾患が起こりやすくなります。老年期に現れやすい精神疾患は、器質性のものと機能性のものに大別できます。
老年期に現れやすい心の病気
高齢者には、心身の機能の低下に伴って、認知症やうつ病をはじめとするいくつかの特徴的な病気が起こりやすいものです。
老年期の精神疾患の症状と診断
老年期だけに特徴的な精神症状というものはありませんが、高齢者に比較的多くみられる症状としては、意識障害、見当識障害、知能や記憶の障害などがあげられます。
老年期の精神疾患の治療とメンタルケア
検査を行って診断がついたら、治療方針が立てられます。老年期の精神疾患の治療の主体は薬物療法です。

このページの先頭へ戻る