性同一性障害

目次

  • 性同一性障害とは
  • なぜ性同一性障害が生じる?性の決定と性同一性障害の原因
  • 性同一性障害の人の多くは、子どものころから何らかの兆候がみられる
  • 性同一性障害をもつ人の悩みとカミングアウト
  • 性同一性障害の治療と診断
  • 性同一性障害(GID)のカウンセリングや治療が可能な全国の病院

 


 

反対の性になりたいという欲求や、自分の性に対して違和感がある性同一性障害の治療は、専門のクリニックで対応する必要があります。

 

 


性同一性障害記事一覧

性同一性障害とは?
自分のからだがもつ性に違和感を感じ、それが苦痛になり、反対の性になりたいと願う人々がいます。自分が本当は反対の性であると信じ、現在の性が苦痛で、このことが社会生活を営むうえで重大な障害になるケースを性同一性障害(gender identity disorder, GID)とよびます。
なぜ性同一性障害が生じる?性の決定と性同一性障害の原因
なぜ性同一性障害が生じるのか、もしくは、なぜ性の自己認知障害があるのかについてはさまざまな説がありますが、大きく次の四つに分けられます。
なぜ性同一性障害が生じる?性の決定と性同一性障害の原因
性同一性障害の人の多くは、子どものころから何らかの兆候がみられるといわれます。本人は、幼児期から自分は反対の性であると確信しています。服装や遊び、言葉づかいまで、他人からみれば出生の性とは異なったほうを好み、将来は反対の性になると主張します。
性同一性障害をもつ人の悩みとカミングアウト
たまたま、心とからだの性が一致していないだけで、その行動を嘲笑されることに性同一性障害をもつ人は悩み、苦しみます。カミングアウトは、周囲の差別や偏見と闘うことを意味するので、本人にとっては、大変な勇気と覚悟がいることで周囲の人との関係に亀裂が生じるおそれもあります。
性同一性障害の治療と診断
具体的には、性同一性障害の診断は次のような順を追って行われます。また、性同一性障害の治療には3段階あります。まず、精神療法、いわゆるカウンセリングが行われます。性同一性障害の臨床にかかわったことがあり、十分な経験のある精神科医もしくは臨床心理士、カウンセラー、ソーシャルワーカーなどが選ばれ、カウンセ...
性同一性障害(GID)のカウンセリングや治療が可能な全国の病院
GID(性同一性障害)の方が、診断書を取得する為に必須の、カウンセリングや治療が受けられる全国の病院・ジェンダークリニックの情報・住所・電話番号をまとめました。病院へ行く前には、電話等で確認してから行くことを勧めます。一人で悩まずに、専門家に相談しましょう。

このページの先頭へ戻る