帰宅拒否症になりやすいタイプの人

帰宅拒否症になりやすいタイプの人

 


 

帰宅拒否症におちいりやすいタイプ
  • きまじめで仕事中心に生きてきた
  • ルーズなことが嫌いで要領が悪い
  • 昇進の見込みの薄い中間管理職
  • 家庭は妻にまかせきりで存在感が薄い
  • 趣味の仲間がいない
帰宅拒否症にかかりやすい人の妻の特徴
  • 良妻賢母型
  • 性格が強く自己主張する
  • 妻が夫の出世や収入に注文をつける
  • 妻が夫を無視したり軽く扱う
  • 夫の交際費や小遣いを妻が制限する
帰宅拒否症を起こしやすい家庭の特徴
  • 受験生の子どもがいる
  • 父親の居場所がない
  • 父親が疎外され、家族との間に会話がない
  • 母親が父親に対して優勢である
  • 父親のありがたみが薄い
  • 子どもや妻が夫を批判し、軽視にする

 

 

 


合わせて読みたい記事

帰宅拒否症とは? 【働いて疲れているはずなのに家に帰りたくない】
帰宅拒否症という病気は、仕事などでのストレスがきっかけで、ついには家に帰れなくなってしまう心の病につけられた病名です。
帰宅拒否症の治療 【カウンセリングと精神科、神経科で行われます】
帰宅拒否症の治療はカウンセリングと精神科、神経科で行われます。病室からの通勤も帰宅拒否症の治療のひとつです。
帰宅拒否症の予防 【仕事や職場以外の別な世界(趣味)を複数もつようにする】
帰宅拒否症にかかってしまった人は、完治しない病気ではないことをまずしっかり自分自身に言い聞かせ、これまでの生き方、考え方、働き方、人間関係などのすべてを見直すチャンスにしましょう。

このページの先頭へ戻る