心が疲れたときは寝るのが一番!休日はしっかり心とからだを休ませて

心が疲れたときは寝るのが一番!休日はしっかり心とからだを休ませて

 


 

心が疲れたときは悩むよりも寝ること!気分がスッキリします

 

心が疲れたときは悩むよりも寝ること!気分がスッキリします

意外と忘れられていることですが、心が疲れたときは、うつうつと考え込むよりも、寝てしまったほうがいいのです。

 

少しでも寝て、頭とからだを休ませれば、疲れがとれて気分がスッキリします。「心が疲れたら、とりあえず寝る」。この、てっとりばやくて簡単な方法を、ぜひ試してみてください。

 

 

ただ、なかには、眠りたいのに眠れないという人もいます。睡眠不足がつづくと、それ自体が心の疲れの原因になります。からだの疲れが、心の疲れにつながっていくのです。

 

眠れない人は、寝る前にぬるめのお風呂に入ったり、ゆったりした音楽を聴くなど、リラックスできる状態をつくりだしてみましょう。リラックスすると、自律神経の副交感神経が優位になり、寝つきがよくなります。

 

 

 

休日はしっかり心とからだを休ませて

 

また、休日にはしっかり休むことも大切です。残業や休日出勤が多かったり、有給休暇がとりにくくて、働きすぎていませんか?

 

疲れをためこむのはよくありません。できるだけ休みの日は休み、はやく帰宅できる日は仕事を切り上げて、心とからだを休ませてあげましょう。

 

 

寝る前にはこんな過ごし方をしてみて

 

寝る前の良い過ごし方

寝る前にはこんな過ごし方をしてみて■OK

部屋の照明を落とす

周囲が暗いと睡眠のサイクルをコントロールするメラトニンが分泌されて、眠気が起こります。

 

ゆったりした音楽を聴く

ヒーリング音楽やゆったりしたクラシックなどを低めの音量でかけると心が落ちつきます。

 

ぬるめのお風呂にゆっくり入る

寝る前はぬるめのお湯に長めに入って体を温めましょう。眠りにつきやすくなります。

 

ハーブティーやホットミルクをのむ

カフェインを含まないハーブティーやトリプトファンを含むミルクはオヤスミ前におすすめ。

 

寝る前の悪い過ごし方

寝る前にはこんな過ごし方をしてみて■NG

激しい運動をする

激しい運動をすると交感神経が優位になり寝付けなくなりがちです。ストレッチ程度ならOK

 

コーヒーをのむ

カフェインの多いコーヒーは、眠気を覚ましてしまいます。夜はのまないほうがいいでしょう。

 

パソコンをみたりゲームをする

パソコン作業やゲームなどをすると、神経が高ぶり、眠れなくなりがちです。寝る前には控えましょう。

 

明日の「するべきこと」を考える

明日はアレとコレを片付けて・・・、と考えていると、ストレスがかかり、眠れなくなります。

 

 

 

 


合わせて読みたい記事

心の疲れ・イライラ・精神安定に効く栄養素
最近「心が疲れてきたな・・・」 「イライラすることが多いな・・・」と感じることはありますか? 心の調子と栄養は密接につながっています。ここでは「心の疲れ・イライラ・精神安定に効く栄養素」を紹介します。
疲れた心が軽くなる!?心身の緊張をほぐしリラックスする対処法
心が疲れたときにリラックスする呼吸法、呼吸が浅くなっていませんか?自分の呼吸を意識してみましょう。疲れた心が軽くなる!?心身の緊張をほぐしリラックスする対処法

このページの先頭へ戻る