心気症

目次

  • 心気症とは
  • 心気症のタイプと症状、発症のきっかけ
  • 心気症の原因と背景
  • 心気症の診断
  • 心気症の治療と家族、周囲の人たちにできるケア

 


 

デメカル

 

心気症は、経済的・社会的基盤を失ったり、心身の衰えが顕著になる初老期や老年期に起こることが多いものです。また、プライドが高かったり、まじめで几帳面な人も陥りやすいとされています。

 

からだのちょっとした変調や異常にとらわれて、重い病気なのではないかという過剰な不安やおそれを抱くケースです。

 

 

 


心気症記事一覧

心気症とは
心気症は、からだのちょっとした変調を気にして、そのことばかりを考えるようになり、何か重大な病気ではないかと極度におそれたり、不安を抱くようになるケースをいいます。
心気症の四つのタイプと症状、発症のきっかけ
心気症は、疾病固執型(心気障害)、多訴型(身体化障害)、自律神経症状型(身体表現性自律神経機能不全)、疼痛型(持続性身体表現性疼痛障害)の四つのタイプに大別されます。
心気症の原因と背景 年齢や性格、生活上での出来事などが絡み合って起こる
心気症の発症には、性格も大きくかかわっていると考えられています。一般に、プライドが高く、傷つきやすいタイプの人が、心気症に陥る傾向があると指摘されています。
心気症の診断チェック
診断の決め手になる要素としては、からだの不調に対して過敏である、症状に著しくとらわれているといった点があげられます。
心気症の治療と家族、周囲の人たちにできるケア
心気症の治療では、主に精神療法が行われます。本人が述べる症状の背景に隠されている病気に対する不安やおそれをくみとり、こだわっている病気ではないことをはっきりと示し、健康であるという自信をとり戻させることが重要になります。

このページの先頭へ戻る