不眠症

目次

  • 不眠症とは
  • 不眠症の原因
  • 眠れないときの対策法
  • 睡眠障害の種類と睡眠リズムの直し方
  • 体内時計・睡眠周期と睡眠の関係
  • レム睡眠とノンレム睡眠の違い
  • 1日に必要な睡眠時間はどのくらいで最適?
  • 質の高い睡眠を得られる寝具
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)

 


 

不眠とは、眠りたいのに眠れない状態です。眠れないことを苦にしたり、特にそれが慢性的状態になっている場合は、不眠症といいます。

 

実際はかなり睡眠をとっていても、本人が眠れなくてつらいと訴えれば不眠症と診断されることもあります。

 

不眠症:関連カテゴリー

季節性情動障害 睡眠中の異常な行動

 

 


不眠症記事一覧

不眠症とは?
不眠とは、眠りたいのに眠れない状態です。眠れないことを苦にしたり、特にそれが慢性的状態になっている場合は、不眠症といいます。
不眠症の原因
不眠症の原因は期間もタイプもさまざまです。睡眠は長さ、深さ、リズムの3要素から成り立っており、この3つのどの調子が乱れても睡眠不足を感じるようです。ここでいう深さとは、ノンレム睡眠の深さのことで、リズムとは睡眠・覚醒リズムのことです。
眠れないときの対策法~入浴・環境・寝具・食事と飲み物・運動・アロマテラピー
どうすれば心地よく眠りに入り、安定した睡眠がとれるのでしょうか?不眠症を改善する(入浴・環境・寝具・食事と飲み物・運動・アロマテラピー・サプリメント)などの方法を利用して対策しましょう。
睡眠障害の種類と睡眠リズムの直し方
昼夜逆転には、時間療法が有効です。また、入試間際の受験生や交代制勤務で働く人、多忙で眠る時間がない人は、次のような方法で生活リズムを整えることで睡眠障害を予防できます。
体内時計・レム睡眠とノンレム睡眠がつくりだす睡眠周期と睡眠の関係
私たちは通常、朝に目覚め、夜に眠るという1日のリズムを繰り返しています。この約1日周期のリズムを、「サーカディアン・リズム(概日リズム)」といいます。よりよい眠りをとるためには、夜間の決まった時間に寝ることが大切だとされているのは、このリズムのためです。
レム睡眠とノンレム睡眠の違い
レム睡眠は睡眠中にもかかわらず、眼球が痙攣したように激しく動き、血圧は上昇し、心拍数や呼吸数、胃酸の分泌は増加します。また、レム睡眠以外の睡眠をノンレム睡眠とよび、脳の休息に大きな役割を果たすと考えられています。
1日に必要な睡眠時間はどのくらいで最適?
よく1日8時間は眠らなければいけないといわれていますが、これには医学的根拠があるわけではありません。統計的に、それだけ寝ている人が多いということにすぎません。近年、残業などにより睡眠時間は減少ぎみといわれますが、日本人の平均睡眠時間は7時間23分という報告もあります。
睡眠サプリメント比較ランキング
不眠を訴える人には2つの場合が考えられ、思うように効果が得られない場合もあります。では、どんな場合に睡眠サプリメントが有効なのでしょうか?睡眠の質を高めるお手伝いをするサプリメントの比較ランキングと、その成分の比較や効果を解説しています。また、配合されている主な成分(クワンソウ・グリシン・トリプトフ...
市販やネット通販で購入できる睡眠サプリの成分や口コミ情報をまとめています。睡眠サプリメントの購入の際に参考にしてください。
質の高い睡眠を得られる寝具(ベッド・マットレス・枕)と、寝具の手入れ
心身の疲れをとり、快適な質の高い睡眠を得るためには、心地よい自分に合った理想の寝具で眠ることが大切です。理想のベッド・マットレス・枕の条件や、寝具の手入れ方法など
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
睡眠中に何度か呼吸が止まり、目がさめてしまう病気(SAS)睡眠時無呼吸症候群を解説しています。睡眠時無呼吸症候群は肥満者や高齢の男性によくみられます。

このページの先頭へ戻る