30~40代で崩れやすい精神バランス

30~40代で崩れやすい精神バランス

 


 

台所症候群に陥る要因には、女性のライフサイクルとさまざまな出来事のほか、身体的、精神的変化が大きく影響しています。

 

 

女性のライフサイクルは、思春期を経て、性成熟期、更年期、老年期に大別できます。

 

性成熟期は20~40代前半、更年期は40代後半~50代です。60代以降が老年期とされます。

 

 

性成熟期から更年期にかけては、結婚、妊娠や出産、子育てと、身体面でも精神面でも、女性にとって大きなライフイベントが次々と訪れます。

 

そしてその都度、心身のバランスを崩す危機にさらされます。

 

 

特に30~40代は、徐々に若さが失われて、身体的な衰えを少しずら自覚するようになり、精神的動揺をきたしやすいものです。

 

また、閉経にさしかかる50歳前後も、女性ホルモンのバランスが急激に変化して、からだの変調を自覚しやすい時期です。

 

卵巣のホルモンの分泌量が減少し、脳の下垂体からの性腺刺激ホルモンの分泌量が急激に増えることによって、自律神経の中枢が悪影響を受けます。

 

その結果、気持ちが不安定になったり、疲れやすくなります。

 

 

ちょうど子どもの独立などと時期が重なることが多く、家族関係の変化に伴って、これまでの人生の見直しを迫られるときでもあります。

 

 

人生の転換期は、誰にでも幾度か訪れるものです。

 

この時期に、直面する出来事や変化にうまく適応できないと、からだにさまざまな症状が引き起こされることがあるのです。

 

 

 

 


合わせて読みたい記事

台所症候群とは?
価値観の多様化を背景に増加している主婦症候群の一つで、主婦が家事に対する虚無感におそわれて、台所に立てなくなるケースです。
価値観の多様化にゆれる女性心理
近年、女性の生き方や価値観の多様化に伴い、主婦をとりまく環境も大きく変化してきています。
台所症候群の治療
精神神経科や心療内科での診察では、まず問診によって、めまいや頭痛などの身体的な自覚症状と、過去にかかったことのある病気、家族の病歴、生活歴などを詳しく聞かれます。

このページの先頭へ戻る