無気力症候群

目次

  • 学業や仕事への意欲を失う無気力症候群
  • 無気力症候群の症状、経過や重症度、現れ方
  • 無気力症候群の特徴 本業からの選択退却
  • 無気力症候群の原因に社会的背景が大きく関与
  • 優劣にこだわる性格が無気力に影響
  • 無気力症候群を克服するためには
  • 無気力症候群の改善には周囲の理解と協力が不可欠

 


 

高学歴・管理社会に生まれた、青年期特有の精神現象です。

 

無気力・無関心・無感動から無為の状態をきたす症候群で、大学生を中心に増加しています。

 

無気力症候群:関連カテゴリー

やる気 五月病 登校拒否 出社拒否

 

 


無気力症候群記事一覧

学業や仕事への意欲を失う無気力症候群
無気力症候群(アパシー・シンドローム)とは、主に若年層にみられる、無気力・無関心から無為な状態に陥るケースを指すものです。
無気力症候群の症状、経過や重症度、現れ方
無気力症候群(アパシー・シンドローム)は、症状の経過や重症度、現れ方など、着目する点によっていくつかに分類して考えることができます。
無気力症候群の特徴 本業からの選択退却
無気力症候群(アパシー・シンドローム)の症状の現れ方はさまざまですが、いくつかの共通した特徴をあげることができます。
無気力症候群の原因に社会的背景が大きく関与
無気力症候群(アパシー・シンドローム)の原因には、社会環境や価値観のあり方など、社会的要因も大きく影響しています。
優劣にこだわる性格が無気力に影響
授業に出席しない、仕事をしない、何もやる気が出ないといった、甘え(怠惰)にしか思われない行動とは裏腹に、無気力症候群の人はもともとまじめで几帳面で、成績も優秀であることが多いものです。
無気力症候群を改善・克服|カウンセリング・精神療法を中心に治療
無気力症候群(アパシー・シンドローム)を改善・克服するためには、カウンセリングや精神療法を中心にした治療・援助が必要です。
無気力症候群の改善には周囲の理解と協力が不可欠
無気力症候群(アパシー・シンドローム)の人に対しては、専門家による治療とともに、家族や友人など周囲の協力が必要です。

このページの先頭へ戻る