ノイローゼ

目次

  • ノイローゼ(神経症)とは
  • ノイローゼ(神経症)の種類と特徴・症状
  • 子どものノイローゼ(神経症)
  • ノイローゼ(神経症)とうつ病の比較・違い
  • ノイローゼ(神経症)の診断とノイローゼの治療方法

 


 

いやおうなしにストレスを受ける現代社会において、ノイローゼにかかる人がじわじわと増えています。

 

原因をつきとめ、きちんと治療すれば、病気から抜け出すことができます。

 

 

 


ノイローゼ記事一覧

ノイローゼ(神経症)とは
人とのつき合いや社会とのかかわりがうまくいかない不適応状態がノイローゼ(神経症)です。不安と恐怖が精神面に出て、言動に変化が生じます。
ノイローゼ(神経症)の種類と特徴・症状
ノイローゼ(神経症)の患者は、しばしば自律神経症状を訴えます。動悸や頻脈、胸が締めつけられる感じ、息苦しさ、手足のしびれ感、脱力感、震え、めまい、嘔吐、吐き気、顔のほてりなどです。
子ども・高齢者のノイローゼ(神経症)
幼少期のノイローゼ(神経症)では、不安やうつ状態、言葉の遅れ、頭痛、不眠、夜尿症、かんしゃく、粗暴などがみられます。また、高齢者のノイローゼ(神経症)はまだはっきりとわかっていません。
ノイローゼ(神経症)とうつ病の比較・違い
ノイローゼ(神経症)とうつ病の違い、ノイローゼと統合失調症の違い。ノイローゼとの違いは根本的に違う症状が現れます。
ノイローゼ(神経症)の診断とノイローゼの治療方法
ノイローゼ(神経症)の治療方法には、精神療法、薬物療法などがあります。日本でのノイローゼの診断基準は、は以下のとおりです。

このページの先頭へ戻る