パニック障害

目次

  • パニック障害とは
  • パニック発作と広場恐怖
  • パニック障害の原因
  • パニック障害の治療 薬物療法と心理療法で治療
  • パニック障害の診断と間違われやすい病気
  • パニック障害の克服体験談

 


 

パニック障害になると、急性の不安発作が起こることを心配するあまり、外出できなくなります。早期のうちに精神科での受診が必要です。

 

パニック障害は、適切に治療すれば予後は非常に良好です。症状に似た病気が多く、誤診もあり得るので、病的な不安が強いなど気になる症状がある場合は専門医を受診することが勧められます。

 

パニック障害:関連カテゴリー

過換気症候群 不安障害 強迫性障害 あがり症

 

 


パニック障害記事一覧

パニック障害とは
パニック障害は恐慌性障害ともよばれ、パニック発作とこれがもとで起こる病的な不安や恐怖を基調とする病気です。
パニック発作の頻度や、パニック障害に伴う広場恐怖
パニック発作は、自律神経が過剰に興奮したために起こる急性の不安発作です。自律神経が制御している呼吸器系、循環器系、消化器系、筋肉系、皮膚系に激しい症状が現れます。
パニック障害の原因 パニック発作を誘発する物質について
パニック障害の原因はまだ完全には解明されていません。
パニック障害の治療 薬物療法と心理療法で治療
治療は、薬物療法と心理療法が中心になります。薬がうまく合えば、パニック発作も広場恐怖も劇的に改善しますし、パニック発作の予防も可能です。
パニック障害の診断と間違われやすい病気
さまざまな身体症状があるので、まず身体疾患の有無を調べます。パニック発作が心臓、甲状腺や副甲状腺、副腎などの疾患、または薬物中毒などと関連していないかを診断していきます。
パニック障害の克服体験談
さまざまな身体症状があるので、まず身体疾患の有無を調べます。パニック発作が心臓、甲状腺や副甲状腺、副腎などの疾患、または薬物中毒などと関連していないかを診断していきます。

このページの先頭へ戻る