マタニティブルー

目次

  • マタニティブルーとは
  • マタニティブルーの子どもへの影響
  • マタニティブルーの原因
  • マタニティブルーの症状
  • マタニティブルーの治療

 


 

産後2~3日たつと多くの女性が不安やイライラが増してくることがあります。

 

女性ホルモンが原因ですから、リラックスして回復を待ちましょう。

 

出産後、新しい命に慣れるためのステップですから、夫や友人のサポートを求めて乗り切りましょう。

 

マタニティブルー:関連カテゴリー

育児ストレス

 

 


マタニティブルー記事一覧

マタニティブルーとは
出産後、2~3日過ぎると、突然、それまで抱いていた前向きな考え方が一転して、不安やイライラ、おそれといった抑うつ的な感情をもち始めることがあります。アメリカのピット医師はこの抑うつ的状態を「マタニティブルー」と名づけています。
マタニティブルーの子どもへの影響
赤ちゃんに十分な愛情を注げないと、赤ちゃんは母親の心情を察知します。このため、夜泣きや吐乳が激しくなったりします。
マタニティブルーの原因
マタニティブルーの原因は、ホルモンの激変とストレスが主な要因です。女性にとって、産後の回復期は精神障害が起こりやすい時期のひとつです。
マタニティブルーの症状
産前のマタニティブルーにみられる主な症状・感情には、以下のようなものがあります。複雑に入り乱れていることが多く、母親となった女性は不安の原因がよくわからないため、よけいに焦ったり、不安を募らせたりします。
マタニティブルーの治療
軽い抑うつ状態であれば、原則として薬を服用する必要はありません。重症の場合は早期治療をすることが、母親にも赤ちゃんにもよい結果をもたらします。

このページの先頭へ戻る