心身症

目次

  • 心身症とは
  • 心身症になりやすいパーソナリティー
  • 心身症の原因の多くはストレス
  • 代表的な心身症とまぎらわしい病気
  • 主婦の心身症・子どもの心身症
  • 心身症の治療法と手順

 


 

仕事によるストレスが高じて心身症を発症する人は少なくありません。身体症状が軽いうちに専門医の治療を受けましょう。

 

心理的な要因でからだに異常を生じる心身症には、かかりやすい性格があるといわれます。治療には心理的アプローチが欠かせません。

 

 

 


心身症記事一覧

心身症とは? 心の問題を原因として、身体に症状が現れる病気
心身症は心の問題を原因として、身体に症状が現れる病気です。眼精疲労や腰痛、十二指腸潰瘍といった身体病は、心の問題で発症することもあるのです。心理的な要因でからだに異常を生じる心身症lこは、かかりやすい性格があるといわれます。治療には心理的アプローチが欠かせません。
心身症になりやすい三つの性格(パーソナリティー)
心身症という病気が知られるようになった1960~70年代当時は、かかりやすい性格として、几帳面、仕事熱心、我慢強い、精力的、責任感が強い、努力家などの特徴があげられていました。さらに、最近では心身症に陥りやすい性格として、強迫型、自己愛型、境界型の三つの性格傾向が注目されています。
心身症の原因の多くはストレス
現代社会のもたらすさまざまなストレスによって、身体のあらゆる器官に病気が起こることが明らかにされています。心身症の原因の多くもストレスと言われています。心理的な要因でからだに異常を生じる心身症lこは、かかりやすい性格があるといわれます。治療には心理的アプローチが欠かせません。
代表的な心身症
代表的な心身症と、心身症と間違えやすいまぎらわしい病気の説明。心身症とまぎらわしい病気に、身体表現性障害があります。
主婦の心身症・子どもの心身症
主婦の心身症は多くの場合、家庭や子育てと仕事との板ばさみ、嫁姑の確執、夫婦間の不和といったストレスが大きな要因になっています。また、心身症は子どもにも起こります。幼少期はからだの発達が未分化なために、全身的な反応を呈するケースが多くみられます。
心身症の治療は心療内科で
心身症の治療では、薬物療法をベースとした身体的な治療とともに心理的な治療(心身医学療法)が行われます。通常用いられる治療法の多くは健康保険が適用されますので、費用の面でも安心です。

このページの先頭へ戻る