反抗期

目次

  • 第一次反抗期と第二次反抗期
  • 反抗期のない子ども・若者たち
  • 時代とともに変わる反抗期と問題行動
  • しかられる子どものストレスと第一次反抗期

 


 

反抗期」は幼児期の「第一次反抗期」と思春期の「第二次反抗期」と2回訪れます。

 

一個の人間として、独立のための重要な成長過程です。

 

 

 


反抗期記事一覧

第一次反抗期と第二次反抗期
第一次反抗期をどう過ごしたかは第二次反抗期の表れ方に影響します。第二次反抗期は、親にとって「導く」という余裕のあるものではなく、自分よりからだも力も大きいわが子を説きふせる、かなり大変な時期になってきます。
反抗期のない子ども・若者たち
近ごろは、目立った反抗期がみられなくなっているといわれています。自分の意見を主張する学生がいなくなった、と指摘する大学教授もいます。
時代とともに変わる反抗期と問題行動
数十年前までは、髪を染めて性的行為を行うような青少年は即「非行」のレッテルを貼られていましたが、近年ではその程度は「少し自由な若者」の範疇に収まってしまいます。
しかられる子どものストレスと第一次反抗期
親の叱責が大きなストレスになり、情緒的な発達が阻害されて無表情になったり、何とか親にしかられないようにと親の顔色ばかりをうかがうようになったりします。

このページの先頭へ戻る