季節性情動障害の克服・体験談 光療法で治ったうつ病

季節性情動障害の克服・体験談

 


 

 

夫の転勤で東北に移り住んで4年にななります。

 

冬になると毎年軽いうつ状態になります。

 

 

春先には軽くなるので、病院にも行かずにいました。

 

雪国の重苦しい空気がつらいのかと、夫もその問題には触れずにきました。

 

 

たまたま症状が出ている時期に上京した折、キャビンアテンダントをしている友人に会ってうつ状態の話が出ました。

 

友人はかつて時差ボケの治療で光療法を受けた医師を紹介してくれました。

 

 

問診で診断がついて季節性情動障害だということが分かりました。

 

鑑別診断を兼ねるかたちで光療法を始めたところ、数日の通院治療でみるみる回復しました。

 

帰宅した後は、できる限り明るい光にあたるようにしています。

 

 

うつ状態を軽快させる方法を知って、来年の冬は発症させずに済むだろうと楽しみにしています。

 

(女性 30歳)

 

 

 


合わせて読みたい記事

季節性情動障害(SAD)とは? 【毎年同じ季節に軽快するうつ病や躁病がある】
毎年ある季節になると決まったように発症し、同じ季節に軽快するうつ病や躁病があり、季節性情動障害(SAD)とよばれます。感情障害というのは、国際的な診断・分類によるうつ病と躁うつ病のことです。
季節の変化と生体リズム 【季節によって睡眠時間に差があったり、体調が変化する】
季節によって睡眠時間に差があったり、体調が変化したり、気分の落ち込みや高揚があることは、多くの人が経験していることです。
季節性情動障害(季節性うつ病)と睡眠や気分に影響を与える日照時間
日照時間によって影響を受ける概日リズムは、日の出が早く日差しの強い夏と、日の出が遅く光も弱い冬では、リズムにずれが生じます。
季節性情動障害(季節性うつ病)の症状と原因
季節性情動障害の症状としては、抑うつ気分、不安、活動性の低下、思考制止などといったうつ病にみられる症状に加え、長時間の睡眠と過食が特徴です。体内時計の乱れが主な原因です。
季節性情動障害(季節性うつ病)の治療と対策 【高照度光療法・断眠療法】
季節性情動障害の治療には、太陽の光が欠かせません。光を求めて低緯度の土地へ旅行しただけで、うつ状態は快方へと向かいます。

このページの先頭へ戻る