買い物依存症

目次

  • 買い物依存症とは
  • 買い物依存の背景にあるもの
  • 買い物依存の原因の一つはストレスや生育歴
  • 買い物好きか依存症か
  • 買い物依存症の治療は気づきから
  • 買い物依存症の予防
  • 買い物依存症の症状とケース

 


 

必要のない物をつい買いすぎてしまう現代病です。衝動買いと後悔を繰り返す背景には子どものころの不安定な人間関係、ストレスが潜んでいます。

 

現金のもちあわせがなくてもサイン一つですむクレジットカードの存在によって、買い物に拍車あかかり、買い物依存に陥る人が増えています。

 

街角法律相談所

 

買い物依存症:関連カテゴリー

依存症

 

 


買い物依存症記事一覧

買い物依存症とは
買い物依存はギャンプル依存、仕事依存(ワーカホリック)などと並んで、行為過程依存の一種とされています。行為過程依存は行為過程嗜癖、あるいは単に行為依存、プロセス依存ともよばれています。
買い物依存の背景にあるもの
買い物によって嫌な気分を解消したり、落ち込んだ気分を高揚させることが習慣化すると、買い物をしていないときの日常生活は、ますます単調でみじめなものに思えてきます。
買い物依存の原因の一つはストレスや生育歴
買い物依存に陥る原因の一つは、非常に強いストレスです。対人関係では得られない充実感を求めて、代理の満足を得ようとします。
買い物好きか依存症か
時々は衝動買いがあっても一時的な気晴らし程度で、買った後によい気分が残るのであれば、買い物好きの傾向があるということはできても、依存症とはいえません。
買い物依存症の治療は気づきから
買い物依存症に打ち勝つ第一歩は、自分が買い物依存症に陥っているということに気づくことです。依存症になっているかそれとも依存傾向にすぎないかを判断する自己診断テストを参考にしましょう。
買い物依存症の予防
依存には至らないまでも依存傾向のある人は、エスカレートしないために、興味の対象を複数もつことが得策でしょう。
買い物依存症の症状とケース
買い物依存症のケースでは、1,000足の靴とイメルダ夫人が有名です。1986年2月、フィリピンで政変が起こった際、失脚したマルコス大統領のイメルダ夫人が不正取得していた資産が明るみに出ました。

このページの先頭へ戻る