恐怖で目を覚ます睡眠時驚愕障害

恐怖で目を覚ます睡眠時驚愕障害

 


 

睡眠時驚愕障害は、夜驚症ともよばれ、睡眠中に突然、かん高い叫び声や泣き声をあげて、眠りから覚めてしまうケースです。

 

 

激しい恐怖感を示し、脈拍は通常の2倍ほど速くなります。呼吸は乱れ、発汗や瞳孔の広がりが認められます。

 

覚醒が不完全のまま上半身を起こしていることが多く、ときには錯乱状態に陥ります。このような状態が、15~20分ほど続くケースもみられます。

 

 

なだめたり、目を覚まさせようとしても反応しません。

 

また、覚醒させても、場所や時間、周囲の人や物を正しく認識できず、後でそのときのことを聞いても、多くの場合覚えていません。

 

 

睡眠時驚愕障害は通常、睡眠後1~3時間くらいたったころに起こります。

 

主に3~12歳くらいまでの小児に発症しますが、成人に現れることもあります。

 

 

睡眠時驚愕障害は、内向的で落ち着きがなく、依存性が強い性格の子どもに発症しやすい傾向がみられます。

 

こうした性格の子どもは、弟妹の誕生、入園・入学といった自立心を要求される状況に直面すると、内面に強い不安や恐怖心が生じ、そのストレスが、自我の統制がゆるむ睡眠時に発現するものと考えられています。

 

成人の場合は、心の病をもつ人に現れやすい傾向があります。

 

 

 


合わせて読みたい記事

睡眠時随伴症
睡眠中に起こる心身機能の異常を総称して、睡眠時随伴症といいます。睡眠時随伴症は、レム睡眠中に現れるものと、ノンレム睡眠中に現れるものなどに分けられます。
鮮明な記憶として残る悪夢障害
悪夢障害は、重苦しく、息がつまるような気分になるこわい夢を見て目が覚めるケースで、子どもに多い障害です。災害や事故などに遭遇して心的外傷を負うと、大人でも悪夢に悩まされるケースがみられます。
深い睡眠中に起こる睡眠時遊行症(夢遊病)
睡眠時遊行症は、睡眠中に起き上がり、家の中や戸外を歩いたり、走りまわったりするケースで、夢遊病ともよばれているものです。
金縛りのような睡眠麻痺
睡眠麻痺は意識ははっきりしているのに、からだが動かなくなるケースで、睡眠と覚醒の移行期にみられます。声もほとんど出すことができなくなり、強い不安や恐怖感を覚えることが多いものです。
高齢者に多いレム睡眠行動障害
レム睡眠行動障害は、夜間の睡眠中に大声をあげたり、独り言を言ったりするケースで、たいていはおそろしい夢を伴います。レム睡眠時に現れ、興奮して起き上がり、歩きまわることもあります。
睡眠関連性ミオクローヌス
睡眠関連性ミオクローヌスは、特発性周期性四肢運動障害ともよばれています。睡眠中、下肢の筋肉に小さなけいれんが繰り返し生じるケースで、高齢の男性に多く起こります。
睡眠時随伴症の治療と診断
睡眠時随伴症は臨床症状から推察できますが、より正確な診断のためには、睡眠ポリグラフィーが有効です。睡眠時随伴症の治療では、薬物療法によって症状を軽減させるとともに、原因となっているストレスをとり除くための精神療法などが行われます。
睡眠時随伴症の予防|睡眠環境を見直すことが大切
自分のまわりの睡眠環境を整えることが大切です。睡眠時随伴症では、発症や経過に、家庭の睡眠環境や習慣が大きくかかわっているといわれています。できるだけ良質の睡眠をとるためには、日常生活のなかで次のような点を心がけるとよいでしょう。

このページの先頭へ戻る