ストーカー

目次

  • ストーカーとは
  • ストーカーの特徴と実態
  • ストーカーになりやすい人
  • ストーカーにあったときの対処法と対策法
  • ストーカー加害者にならないために

 


 

情報化社会は偶然に他者の情報を見聞きする機会を増やし、パソコンやスマートフォンなどで図らずも他人の秘密をのぞいてしまうようなこともあります。

 

ちょっとした心の揺れがストーキングへと駆り立てないとも限りません。ストーカーになる不安があれば精神科を、被害者になる心配があれば相談機関を訪ねることです。

 

 

 


ストーカー記事一覧

ストーカーとは?
ストーカー(Stalker)とは、「忍び寄る人、つきまとう人」といった意味で、特定の相手を妄想に近い一方的な恋愛感情によって追いかけまわし、どんなに嫌がられたり拒まれようと、相手の気持ちを無視して際限なくアプローチを繰り返す人物のことです。
ストーカーの特徴と実態
ストーカーの前兆として現れる症状は、「自分が好きなんだから、相手も自分を好きなはず」と一方的に思い込む被愛妄想です。
ストーカーになりやすい人【ストーカーの背後にある病気】
ストーカーになりやすい人の背後にある病気はさまざまで、いまだに精神医学的に明確な定義はなされていませんが、その標的によって、3種類に大別されます。
ストーカーにあったときの対処法と対策法
ストーカーにあったときの対処法や、ストーカーに対する対策法。被害届けを警察署に出す時の例など。ストーカーの執拗な嫌がらせや脅迫の手口はさまざまですので、それに対処する力を身につけ、対応しましょう。
ストーカー加害者にならないために【ストーカーの治療】
ストーキングの背景にある病気に対処していくことになります。精神療法として個人療法、集団療法、認知行動療法などが用いられます。

このページの先頭へ戻る