高齢者の自殺とその予防

高齢者の自殺とその予防

 


 

高齢者の自殺率は、徐々に低下傾向にはあるものの、ほかの年齢層に比べて高くなっています。

 

現在では、60歳以上の自殺者は毎年およそ1万人以上とされ、多くの高齢者が自ら命を断っています。

 

 

高齢者の自殺の特徴として、まずあげられるのは自殺手段の確実性です。若い世代の自殺よりも死に至る確率の高い縊死(首つり)が圧倒的に多いのです。

 

高齢者の自殺既遂者の多くは首をくくって死んでおり、未遂者にも縊死を試みた人が圧倒的に多くなっています。

 

 

若年者の自殺では本当は「助けてほしい」という心理状態も働いて、手首を切ったり薬の服用などの比較的助かりやすい手段が選ばれるのに対して、高齢者の場合はより確実な自殺方法としての縊死が選ばれています。

 

 

 

また、自殺とうつ病との関連では、高齢者がうつ病になりやすい存在であることが指摘されています。

 

うつ病はきわめて自殺する確率の高い精神疾患です。うつ病になりやすい要因としては、喪失体験が大きく、その対象は心身の健康、家族や社会とのつながり、経済的自立、生きる目的などがあげられています。

 

 

 

定年退職で仕事から去る、配偶者に先立たれる、子どもたちが結婚して独立していくなどの家族や社会とのつながりを失うケースでもうつ病が発現し、自殺へのきっかけとなります。

 

 

警察庁の統計では60歳以上の高齢者の自殺の要因は、第一が病苦であるとされています。高齢者はがんや糖尿病、高血圧や脳血管障害、心臓病などの有病率が高くなります。

 

 

しかし、自殺者にどのような疾患があったかを調べたところ、がんのような深刻な疾患はまれで、いわゆる慢性的な疾患をもつ人が大部分だったという報告があります。加齢とともによくみられる病気がほとんどだったのです。

 

つまり、病気が自殺の直接の原因ではないともいえるのです。

 

 

体力の衰えを感じたり病弱になることから将来への不安がつのると同時に、家族への心苦しさが生じたり、同居しているためにかえって家族からの疎外感や孤独感を抱くなど、心のわだかまりや葛藤を解決する手段として自殺が選択されているともいえます。

 

 

こうした状況下での高齢者の自殺を防ぐ方法として、まずあげられるのは持病の治療をして、身体疾患の改善を図ることです。

 

さらに高齢者が家族との絆を強めたり、社会参加できる環境づくりをすることが必要になります。

 

うつ状態、うつ病は治せるものであり、適切な治療は高齢者の自殺を減少させるために欠かせない施策です。

 

 

女性は高齢者(60~69歳)の自殺率が高い

H29年3月発表 警察庁統計資料より

女性は高齢者(60~69歳)の自殺率が高い

女性では60~69歳の高齢者の自殺率が高くなっています。

 

 

 


合わせて読みたい記事

1日に90人近くが不幸な結果に 日本の自殺者数
近年、日本で発生している自殺者の数は2万数千人前後で推移しています。1960年代には1万4,000~1万5,000人程度で推移していましたが、1970年代に入ると再び増加し、1986年(S61)には2万5,600余人、2003年(H15)には32,109人という戦後最悪の数字となりました。
統合失調症患者の自殺予防
統合失調症患者の自殺率も高く、その確率は1割強といわれています。統合失調症患者の自殺前の精神状態として、特に注意を要するのが抑うつ状態です。不安と絶望のなかにある統合失調症患者に対しては、仕事の監督者や応援団のように振るまうよりも、同盟者として対応することが自殺防止には有効であるといわれます。
未成年者・子どもの自殺防止
青少年の自殺防止には、本人だけでなく家庭の構成メンバー全員を病理の対象として、治療にあたることも必要になります。自殺の危険度が高い性格傾向としては、未熟で依存的、衝動的、極端な完璧癖、孤立・抑うつ的、反社会的傾向などがあげられます。
中年世代の自殺とその予防
リストラや会社の倒産などによってもたらされる経済的な危機が中年世代の自殺の理由としてあげられますが、自殺の原因は一つとは限りません。
自殺の予兆 決行する前のサインを見逃さないことが重要
自殺企図者の多くは何らかの予兆やサインを発することが多く、自殺の衝動も一時的なものであることが大半です。また、未遂者は再び企図する割合が高いものです。自殺願望に陥った悩める人を孤立させず、周囲が十分な知識をもって適切に対応すれば救えることも少なくありません。

このページの先頭へ戻る