女性特有の心の不調

目次

  • 月経周期の後半、PMSやプレ更年期などによる心の不調
  • 低用量ピルの服用は心の不調を改善する効果もあります
  • 女性のイライラ・心の不調改善にはアロマテラピーが効く
  • 女性のイライラ・心の不調・落ち込みの治療には漢方が効く
  • 女性の心の不調や身体の相談は、女性外来へ
  • 女性の身体や心の不調|薬と力ウンセリング治療で治す

 


 

女性ホルモンは、イライラしたり、落ち込みやすくじつは感情にも影響しています。イライラして周囲に激しく当たり散らしてしまったり、落ち込んでなにも手につかなくなってしまったり・・・。

 

そして、自己嫌悪に陥ってしまうという悩みを抱えている女性は多いものです。

 

 

 


女性特有の心の不調記事一覧

月経周期の後半、PMSやプレ更年期などによる心の不調
心の不調と月経(生理)は、どのように関係しているのでしょうか?そのカギとなるのは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつの女性ホルモンです。排卵を過ぎると心身が不調になりがちに・・・。
低用量ピルの服用は心の不調を改善する効果もあります
低用量ピルの服用はホルモンバランスの改善に効果を発揮しします。女性ホルモンは心にも働きかけるので、月経トラブルが改善するとともに、心も安定し、心の不調も改善できます。
女性のイライラ・心の不調改善にはアロマテラピーが効く
女性の心の不調にはアロマテラピーも役立ちます。アロマテラピーとは、植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使って、自然治癒力を高める療法です。精油はさまざまな芳香性物質からできていて、その香りを吸い込むことで、芳香性物質が鼻の神経から脳の視床下部に伝わり、気分が穏やかになります。また、自律神経...
女性のイライラ・心の不調・落ち込みの治療には漢方が効く
心の不調のなかで漢方治療に向くのは、心の病気まではいかないイライラや落ち込み、軽いうつ病、PMS(月経前症候群)など女性ホルモンの問題によるものです。漢方治療では部位ごとではなく、人間をトータルにみる視点が、女性の心の問題の治療に向いています。
女性の心の不調や身体の相談は、女性外来へ
女性外来は、女性の心のトラブルをからだとトータルで診察してくれます。心の不調が月経周期に関係しているなら、女性外来に相談するのがベストです。女性外来なら月経と心の問題について、適切な改善策を提案できます。
女性の身体や心の不調|薬と力ウンセリング治療で治す
心療内科や精神科での治療は、薬物療法が基本になります。また、薬物療法と並行して、心理カウンセラーによるカウンセリングをとり入れることもあります。治療期間は短くて数か月、長ければ数年かかることもあります。

このページの先頭へ戻る