出社拒否症

目次

  • 出社拒否症とは
  • 出社拒否とライフサイクル
  • 出社拒否に陥る人の性格
  • 出社拒否と社会性の欠如
  • 出社拒否症チェック
  • 出社拒否症の治療と予防
  • 出社拒否と職場のいじめ

 


 

有能でまじめだった人が、急に会社に行こうとすると、激しい頭痛がしたり、下痢や腹痛が起こります。

 

治療には休養が必要です。十分な休養をとって改善しましょう。

 

出社拒否症:関連カテゴリー

やる気 五月病 無気力症候群

 

 


出社拒否症記事一覧

出社拒否症とは
出社拒否症は、出勤拒否あるいは登社拒否などともよばれます。出社できないようなこれといった病気もないのに、会社に行けない状態です。
出社拒否とライフサイクル
出社拒否症は、発症の年代もさまざまですが、症状も欠勤状態が連続したり、断続的に繰り返したりと多様です。原因となる要素も、年齢により大きく異なっています。
出社拒否に陥る人の性格
出社拒否症に陥る人に共通していえるのは、本人は決して怠けているのではなく、逆に仕事熱心であり、発症前の仕事ぶりは人一倍まじめという評価を受けている点です。
出社拒否と社会性の欠如
若い人の出社拒否のケースには、面倒なこと、嫌なことを回避しようとする性格的要素が指摘され、精神的な未成熟さが問題とされています。
出社拒否症チェック
自分でもわからないままに蓄積されていたストレスが、出社拒否症のみならず、心の病気を引き起こします。出社拒否症チェックで三つ以上当てはまる人は、自分のストレス改善に努めましょう。
出社拒否症の治療と予防
出社拒否症は、周囲の人たちには理由がわかりづらく、甘え・怠慢・逃避とみられて非難されやすいのですが、本人は多くの場合、自らの無気力、不安、自信喪失の状態に苦しんでいます。
出社拒否と職場のいじめ
学校でのいじめは、社会的に大きな問題となっていますが、大人の世界である職場にも同様ないじめ現象は存在します。

このページの先頭へ戻る