女性は短期間でアルコール依存症になる

女性は短期間でアルコール依存症になる

女性は短期間でアルコール依存症になる

女性は短期間でアルコール依存症になる

 

 

昔の日本では、アルコールによる心身の障害は、ほぼ男性に特定されていました。しかし、ここ十数年の間に女性にも増えてきています。

 

女性の社会進出による飲酒機会の増大や、家庭内でも気楽に飲む、あるいはストレスから逃れるためのキッチン・ドリンカーなど、アルコール依存症の要因が増えていることは否定できません。

 

 

しかし、女性のアルコール依存が以前より増えてきたとはいっても、日本の現状は、男性が主役の酔っぱらい天国であることには変わりありません。

 

適量であれば、爽快気分やほろ酔い気分になってストレスが解消し、アルコールをたしなむことに問題はありません。

 

ただし、女性は体質的に短期間でアルコール依存症になりやすいということがわかっています。

 

 

女性がアルコール依存症になりやすい最大の理由は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が肝臓のアルコール脱水素酵素とMEOSの働きを抑制し、アルコールの代謝を遅くするためです。

 

 

同じ量のアルコールを飲んでも、女性の場合は長時間、体内にアルコールが残ってしまうのです。

 

特に月経の前にはエストロゲンが増加するため、酔いやすくなります。

 

 

逆に月経が始まってしまうと、いつもの量では酔わないためにアルコールの量が増えてしまう傾向があります。

 

同じ理由から、閉経した女性では、女性ホルモンの分泌がなくなると、アルコールの量が増えることにもなります。

 


 

主婦に急増しているアルコール依存症

 

アルコール依存症と聞くと、中年以降の男性が陥りやすいものというイメージがあります。

 

確かに、圧倒的に男性に多いのは事実です。

 

 

アルコール依存症の人の数は推定240万人で、入院が必要とされるのはおよそ40万人といわれています。

 

女性は全体の10分の1ほどですが、近年増加しているのです。とりわけ主婦に目立ってきています。

 

 

家事に対する虚無感、家庭内での不安や悩み、寂しさなどから、ついアルコール類に手を伸ばし、やがては依存症になってしまうケースはキッチン・ドリンカーとよばれます。

 

 

女性の場合、ホルモンの影響で、男性よりも短期間で治療を必要とするアルコール依存症になりやすいといわれています。

 

 

飲酒をしてはいけない時間なのに、自制できずに飲んでしまう、1杯だけでやめようと決めているのについ飲みすぎて深酒になる、あるいは家の中で一人になると飲酒のことが頭に浮かぶようになったら、アルコール依存症の可能性があります。

 

 

不安や悩みを飲酒以外の方法で解消する努力が必要といえます。

 

過度の飲酒は、アルコール性の肝障害をはじめ、さまざまな疾患の誘因にもなるので、日ごろから飲みすぎには十分に注意することが大切です。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る