個人差のあるアルコール分解能力

個人差のあるアルコール分解能力

 

 

個人差のあるアルコール分解能力

 

アルコールの分解能力には個人差があります。健康な成人では、その差を決定づけているのは体内の分解酵素の量であるといわれています。

 

人間の体内におけるアルコール吸収のメカニズムは次のようになります。

 

 

飲んだアルコールは約20%が胃で吸収され、約80%は腸で吸収されます。

 

胃と腸で吸収されたアルコールは血管を通って肝臓に運ばれ、酵素の力でアセトアルデヒドになります。

 

さらに酢酸に分解され、最終的には二酸化炭素(炭酸ガス)と水に分解されます。

 

 

一部、分解されないものが呼気中や尿中に排泄されて、酒酔い特有の臭気の原因となります。

 

ちなみに酩酊度の一つの指標ともなるこの臭気はアルコール単独のものではなく、完全には解明されていません。

 

 

肝臓には大量のアルコール分解酵素が存在し、酵素の多寡がアルコールに対する個人差の最大要因となります。

 

分解の過程で生じるアセトアルデヒドが有毒物質であり、これが悪酔いや二日酔いの主な原因となります。

 

頭痛や吐き気、顔面紅潮、動悸などはアセトアルデヒドによって引き起こされます。

 

もう数値も飲み過ぎも気にならない!【レバリズム・L】

 

日本人に欠けているALDH2型分解酵素

 

肝臓における分解酵素の働きをもう少し細かくみていくと、肝臓にはアルコール脱水素酵素(ADH)が大量にあります。

 

一般の人ではアルコールの約80%が代謝され、残りの20%はミクロソームエタノール酸化系(MEOS)とよばれる経路によって処理されています。

 

 

この二つの経路を合わせて肝臓で処理されるアルコールの限界量が、24時間で日本酒8合またはビール大瓶8本ともいわれています。

 

これは翌朝まで残らないように8時間程度で処理できる量が日本酒で3合、ビール大瓶では3本という目安とほぼ一致しています。

 

 

アセトアルデヒドを分解する酵素をアルデヒド脱水素酵素(ALDH)といいます。

 

ALDHには2種類あり、アセトアルデヒドが高濃度でないと働かない1型と低濃度でも働く2型があります。日本人は約半数の人が遺伝的に2型をもっていません。

 

 

2型の酵素を欠いている人は、少量のアセトアルデヒドでも分解されずに蓄積されやすいため、すぐに顔が赤くなったり、動悸や吐き気におそわれます。

 

2型酵素の欠落が日本人が欧米人と比べて酒に弱い原因であり、酒に対する個人差の最大の要因とされています。

 


 

アルコール分解時間と慢性中毒

 

飲酒量と酒酔いのレベルは、爽快期、ほろ酔い期(初期・極期)、酩酊期、泥酔期、昏睡期に分けられます。

 

酔いのスピードは、アルコールの体内における分解時間と体外への排泄時間によって左右されます。

 

 

血中からアルコールを消失させる能力は、日本人では一般に1時間で日本酒0.3合またはビール大瓶3分の1本程度といわれています。

 

逆にいえば、日本酒1合またはビール大瓶1本が血中から消失するのに3時間以上かかります。

 

 

アルコールの処理能力は、酒酔いレベルの初期では多少処理能力がアップし、日本酒3合またはビール大瓶3本の、いわゆる「ほろ酔い極期」では、血中のアルコールが完全に消失するまでには約8時間かかります。

 

 

したがって午前0時過ぎまで飲んで酩酊一歩手前のほろ酔い状態になったとすると、血中からアルコールが完全に消失するのは翌朝の午前8時以降ということになります。

 

 

通常の社会生活を営むうえで「午前0時過ぎまで飲まない」という不文律めいたものがあります。

 

これは、翌日まで持ち越さないという1日単位の生活習慣のほかに「夜中過ぎまで飲んだら翌日まで酒が残ってしまった」という経験を多くの人がもっているためとも考えられます。

 

 

自己規制ができず、血中のアルコールが完全に消えないうちに再度飲酒をすると、血中には絶えずアルコールが存在することになります。

 

いわゆる二日酔いを解消するための迎え酒がいけないといわれるのは、このような意味もあります。

 

 

一時的なほろ酔い極期、または酩酊期になって感覚が麻痺して頭痛などがなくなったとしても、それはハイスピードで泥酔や昏睡に至る酒酔いのステップをひた走っているにすぎません。

 

こうしたことを重ねていると、やがてはアルコール依存症という継続的な心身の障害をかかえ込むことになります。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る