短時間で酩酊する急性アルコール中毒

短時間で酩酊する急性アルコール中毒

短時間で酩酊する急性アルコール中毒

個人差のあるアルコール分解能力

 

 

短時間のうちに大量の飲酒によって酩酊(めいてい)状態となってしまったものが急性アルコール中毒です。

 

血中のアルコール濃度が急激に上昇し、運動能力が低下してしまいます。

 

 

新入生や新入社員が花見や歓迎会、忘年会などで、いわゆるイッキ飲みを強要され、救急車で運ばれるといった事故が後を絶ちませんが、昏睡状態に陥ると生命の危険もあります。

 

もちろん個人差はありますが、日本人の場合、血中のアルコール濃度と酒の量には次のような関係があります。

 

特に飲酒経験の浅い人は自分の酔いのレベルを把握しておく必要があります。

 


 

飲酒と酒酔いのレベル

 

アルコール健康医学協会の「適正飲酒の手引き」によれば、日本人の飲酒量と酒酔いレベルの関係は、次のように6段階に分けられています。

 

爽快期

血中濃度:0.02~0.04%
 
酒量:日本酒1合以下、ビール大瓶1本以下、ウイスキーシングル2杯以下

気分はさわやか・皮膚が赤くなる
陽気になる・判断力がややにぶる

ほろ酔い初期

血中濃度:0.05~0.10%
 
酒量:日本酒1~2合、ビール大瓶1~2本、ウイスキーシングル2~5杯

ほろ酔い気分・手の動きが活発になる・抑制がとれる・体温が上昇し脈が速くなる

ほろ酔い極期

血中濃度:0.11~0.15%
 
酒量:日本酒3合、ビール大瓶3本、ウイスキーシングル6~7杯

気が大きくなる・大声でがなりたてる・怒りっぽくなる・立てばふらつく・ここで飲むのをやめる・これ以上酔うとトラブルを起こしやすい

酩酊期

血中濃度:0.16~0.30%
 
酒量:日本酒5合、ビール大瓶5 ~7本、ウイスキーダブル5杯

千鳥足・何度も同じことを繰り返 ししゃべる・呼吸が速くなる・吐き気、嘔吐

泥酔期

血中濃度:0.31~0.40%
 
酒量:日本酒7合~1升、ビール大瓶8~10本、ウイスキーポトル1本

まともに立てない・意識混濁・言語も支離滅裂

昏睡期

血中濃度:0.41~0.50%
 
酒量:日本酒1升以上、ウイスキーボトル1本以上

ゆり動かしても起きない・大小便のたれ流し・呼吸はゆっくりと深い・死亡の危険性

この表は一応の目安で、年齢、性別、体格によって個人差があります。

 

酔うと最初は誰でもよい気持ちになるものですが、酩酊期以降になると人は急性アルコール中毒へのステップを踏むことになります。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る