アスプリト Asprito 15mg(エビリファイジェネリック)の通販|効果・副作用

アスプリト Asprito 15mg(エビリファイジェネリック)の通販|効果・副作用

アスプリト Asprito(エビリファイジェネリック)の通販

 

アスプリトの口コミ(110件のレビュー )

 

国際書留郵便 【香港】 お届け日数:約5~10日

 

 

価格

容量

評価

3,590円 ($32.00)

1箱100錠

アスプリト,ジェネリック,Asprito,エビリファイ,通販

お届け日数

送料

支払方法

約5~10日

送料無料

銀行・カード

 

統合失調症治療薬エビリファイのジェネリックです。アリピプラゾール15mg錠

 

アスプリト Asprito(エビリファイジェネリック)の説明

エビリファイジェネリック(アスプリト)は、「エビリファイ」のジェネリック医薬品で、アリピプラゾールを主成分とする統合失調症の治療薬です。気持ちの高ぶりや不安感を抑えて、心身の停滞を改善します。統合失調症に限らず、うつや不安、緊張感、興奮を抑えるなど、さまざまな心の不調に使用されています。

 

統合失調症は、脳の情報伝達系に不具合が生じることで、正しく現実が認識できない、感情のコントロールができないなどの症状の他、幻聴や幻覚、妄想が生じる心の病です。主成分のアリピプラゾールは、脳内の神経伝達物質ドーパミンの働きを調整することで、統合失調症の幻覚や妄想、興奮などの陽性症状、および、無感情や意欲低下、自閉などの陰性症状の両方に効能を発揮します。

 

尚、主成分のアリピプラゾールは、統合失調症の症状緩和の他、双極性障害の躁症状の改善にも用いられており、強い不安や緊張感、興奮、落ち着きのなさ、怒りっぽさなどの症状を緩和します。

 

ドーパミン系神経を安定化させる第三世代の抗精神病薬とされているアリピプラゾールは、副作用が少ないという長所から、旧来の抗精神病薬に代わってよく使用されるようになっています。

 

 

効果

 

統合失調症、双極性障害における躁症状、うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)

 

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

有効成分アリピプラゾールの効能の一つは双極性障害における躁症状の改善です。気分の高揚をしずめ、躁症状を落ち着かせるのに役立ちます。実際の臨床試験においても、重症度を示す点数(ヤング躁病評価尺度)の明らかな低下が示されています

 

有効成分アリピプラゾールはドパミン D2受容体部分アゴニスト作用、ドパミン D3受容体部分アゴニスト作用、セロトニン 5-HT1A 受容体部分アゴニスト作用及びセロトニン 5-HT2A 受容体アンタゴニスト作用を併せ持つ薬剤である。

 

用法

 

統合失調症

通常、成人にはアリピプラゾールとして1日6~12mg(0.4~0.8錠)を開始用量、1日6~24mg(0.4~1.6錠)を維持用量とし、1回又は2回に分けて経口投与します。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は30mg(2錠)を超えないようにしてください。

 

双極性障害における躁症状の改善

通常、成人にはアリピプラゾールとして12~24mg(0.8~1.6錠)を1日1回経口投与します。なお、開始用量は24mg(1.6錠)とし、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は30mg(2錠)を超えないようにしてください。

 

■うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)通常、成人にはアリピプラゾールとして3mg(0.2錠)を1日1回経口投与します。なお、年齢、症状により適宜増減するが、増量幅は1日量として3mg(0.2錠)とし、1日量は15mg(1錠)を超えないようにしてください。

 

用法・用量に関連する使用上の注意
■全効能共通
本剤が定常状態に達するまでに約2週間を要するため、2週間以内に増量しないようにしてください。

 

■統合失調症の場合
本剤の投与量は必要最小限となるよう、患者ごとに慎重に観察しながら調節します。(増量による効果の増強は検証されていません。)
他の抗精神病薬から本剤に変更する患者よりも、新たに統合失調症の治療を開始する患者で副作用
が発現しやすいため、このような患者ではより慎重に症状を観察しながら用量を調節してください。

 

■双極性障害における躁症状の改善の場合
躁症状が改善した場合には、本剤の投与継続の要否について検討し、本剤を漫然と投与しないよう注意してください。

 

■うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)の場合
本剤は選択的セロトニン再取り込み阻害剤又はセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤等と併用してください。(うつ病・うつ状態に対して本剤単独投与での有効性は確認されていません。

 

副作用

 

不眠、神経過敏、不安、傾眠、アカシジア、振戦、ALT(GPT)上昇

 

悪性症候群、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウス、アナフィラキシー、横紋筋融解症、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖、痙攣、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、肝機能障害

 

その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

副作用で比較的多いのは、そわそわ感、じっとできない、手足のふるえ、こわばり、不眠または眠気、不安感、頭痛、めまい、吐き気、便秘、体重増加などです。

 

軽いものがほとんどですが、体重の変動は糖尿病発症のサインのこともありますので注意が必要です。そのほか、女性ではプロラクチンというホルモンが低下し、生理に影響することがあります。

 

重い副作用として、血糖値の変動による昏睡や意識障害の報告があります。高血糖のサインとしては、のどが異常に渇く、多飲、多尿、頻尿などがあげられます。逆に低血糖を起こすと、脱力感やけん怠感、冷や汗、ふるえ、眠気などが現れます。どちらの場合も、すぐに受診してください。もともと血糖値が高めの方や太りぎみの方は、定期的に血糖値の検査を受けるようにしましょう。

 

めったにありませんが、抗精神病薬には「悪性症候群」という注意を要する副作用があります。体が硬直して動かなくなり、高熱がでてきたら、すぐに医師に連絡してください。とくに、高齢の方、体の弱っている方、薬の量を増やしたときなどに出現しやすいものです。ご家族や周囲の方も注意してください。

 

成分

 

アリピプラゾール(Aripiprazole)15mg

 

商品別名(日本名)

 

エビリファイOD錠 エビリファイ錠 エビリファイ内用液

 

関連統合失調症

 

ご利用に当たっての注意事項
・掲載している情報は、掲載会社の提供情報を元に作成したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
・当サイト閲覧、使用によって生じた損害については、いかなる場合も運営者は一切責任を負いません。

 

個人輸入・抗うつ剤、精神安定剤のお役立ちリンク

トップへ戻る