オリザ Oliza 10mg(ジプレキサ ジェネリック)の通販|効果・副作用

オリザ Oliza 10mg(ジプレキサ ジェネリック)の通販|効果・副作用

オリザ Oliza (ジプレキサ ジェネリック)の通販

 

 

 

国際書留郵便 【香港】 お届け日数:約5~10日

 

価格

容量

評価

3,898円 ($35.31)
1錠 38.9円

1箱100錠

ジプレキサ,ジェネリック,Oliza,オリザ,通販

お届け日数

送料

支払方法

約5~10日

送料無料

銀行・カード

 

統合失調症治療薬ジプレキサのジェネリックです。

 

オリザ Oliza (ジプレキサ ジェネリック)の説明

Intas Pharmaceutical社のオリザ(Oliza)は、ジプレキサのジェネリック商品で、オランザピンを成分としており、統合失調症や双極性障害など心の病気の治療に用いられています。

 

オリザの成分であるオランザピンは、副作用の少ない第2世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)に属し、統合失調症の治療においてよく使用されている治療薬です。

 

脳内の神経伝達物質の受容体に作用し、幻覚・妄想などの症状や、不安感やイライラする症状を改善し、気分を安定させます。また、双極性障害における躁症状やうつ症状の改善にも使用されます。

 

オランザピンは鎮静作用が強いことが特徴で、陽性症状(幻覚、妄想、興奮)だけでなく、陰性症状(無感情、意欲低下、自閉)にも効果があります。

 

オリザは、成分の働きにより、気持ちの高ぶりや不安感を鎮め、停滞した心身の活動を改善する働きがあり、統合失調症、双極性障害、強い不安感・緊張感、抑うつ状態などの精神症状の治療に使用されます。

 

 

効果

 

統合失調症、双極性障害における躁症状及びうつ症状の改善

 

※効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。

 

用法

 

統合失調症

通常、成人にオランザピンとして5~10mg(0.5~1錠)を1日1回経口投与により開始してください。維持量として1日1回10mg(1錠)を経口投与します。なお、年齢、症状により適宜増減します。ただし、1日量は20mg(2錠)を超えないようにします。

 

双極性障害における躁症状

通常、成人にオランザピンとして10mg(1錠)を1日1回経口投与により開始します。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は20mg(2錠)を超えないようにします。

 

双極性障害におけるうつ症状

通常、成人にオランザピンとして5mg(0.5錠)を1日1回経口投与により開始し、その後1日1回10mg(1錠)に増量する。なお、いずれも就寝前に投与することとし、年齢、症状に応じ適宜増減するが、1日量は20mg(2錠)を超えないようにしてください。

 

副作用

 

高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖、悪性症候群(Syndrome malin)、肝機能障害、黄疸、痙攣、遅発性ジスキネジア、横紋筋融解症、麻痺性イレウス、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、高血糖症状(口渇、多飲、多尿、頻尿等)、低血糖症状(脱力感、倦怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等)に注意し、このような症状があらわれた場合や、その他に異常を感じた際は、直ちに使用を中止し、医師の診察をお受けください。

 

成分

 

Oranzapine(オランザピン) 10mg

 

商品別名(日本名)

 

ジプレキサ錠 ジプレキサザイディス錠 ジプレキサ細粒

 

関連統合失調症

 

ご利用に当たっての注意事項
・掲載している情報は、掲載会社の提供情報を元に作成したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
・当サイト閲覧、使用によって生じた損害については、いかなる場合も運営者は一切責任を負いません。

 

個人輸入・抗うつ剤、精神安定剤のお役立ちリンク

トップへ戻る