パロキセチン Paroxetine 20mg・40mg(パキシルジェネリック)の通販|効果・副作用

パロキセチン Paroxetine 20mg・40mg(パキシルジェネリック)の通販|効果・副作用

パロキセチン Paroxetine (パキシルジェネリック)の通販

 

 

 

国際書留郵便 【香港】 お届け日数:約5~10日

 

価格

容量

評価

20mg 2,204円 ($19.18)
40mg 2,767円 ($24.08)

1箱100錠

パロキセチン,ジェネリック,Paroxetine,パキシル,通販

お届け日数

送料

支払方法

約5~10日

送料無料

銀行・カード

 

パロキセチンを有効成分とする抗うつ薬で、SSRIと呼ばれる選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。うつ病やパニック障害、神経症(ノイローゼ)の治療に用いられます。

 

 

パロキセチン Paroxetine (パキシルジェネリック)説明

パロキセチン Paroxetine (パキシルジェネリック)は、SSRIと呼ばれる選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。

 

抗うつ薬として、うつ病やパニック障害、神経症(ノイローゼ)の治療に用いられます。日本国内で承認されているパキシル錠と同一の有効成分であるパロキセチンを含有しています。

 

パキシルジェネリックに含有されている有効成分・パロキセチンは、脳内において一度放出されたセロトニンが再び神経線維に吸収されるのを選択的に防ぎます。

 

刺激によって一度放出された伝達物質が脳内の神経線維に再び吸収されて減少するのを抑えたり、伝達物質の出てくる量が減るのを抑えたりすることで、気持ちを楽にして意欲を高め、うつ状態を改善します。

 

パロキセチンは、うつ病・うつ状態以外にも、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害(PTSD)にも適応を有する薬剤です。1日1回夕食後服用の簡便なSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)であることも特徴です。

 

 

効果

 

うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害

 

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

用法

 

パキシルジェネリック20mg

うつ病・うつ状態

通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20~40mg(1~2錠)を経口投与する。投与は1回10~20mg(0.5~1錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mg(2錠)を超えない範囲で適宜増減する。

パニック障害

通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして30mg(1.5錠)を経口投与する。投与は1回10mg(0.5錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。なお、症状により1日30mg(1.5錠)を超えない範囲で適宜増減する。

強迫性障害

通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして40mg(2錠)を経口投与する。投与は1回20mg(1錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。なお、症状により1日50mg(2.5錠)を超えない範囲で適宜増減する。

社会不安障害

通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mg(1錠)を経口投与する。投与は1回10mg(0.5錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mg(2錠)を超えない範囲で適宜増減する。

外傷後ストレス障害

通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mg(1錠)を経口投与する。投与は1回10~20mg(0.5~1錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.5錠)/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mg(2錠)を超えない範囲で適宜増減する。

 

パキシルジェネリック40mg

うつ病・うつ状態

通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20~40mg(0.5~1錠)を経口投与する。投与は1回10~20mg(0.25~0.5錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.25錠)/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mg(1錠)を超えない範囲で適宜増減する。

パニック障害

通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして30mg(0.75錠)を経口投与する。投与は1回10mg(0.25錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.25錠)/日ずつ増量する。なお、症状により1日30mg(0.75錠)を超えない範囲で適宜増減する。

強迫性障害

通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして40mg(1錠)を経口投与する。投与は1回20mg(0.5錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.25錠)/日ずつ増量する。なお、症状により1日50mg(1.25錠)を超えない範囲で適宜増減する。

社会不安障害

通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mg(0.5錠)を経口投与する。投与は1回10mg(0.25錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.25錠)/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mg(1錠)を超えない範囲で適宜増減する。

外傷後ストレス障害

通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mg(0.5錠)を経口投与する。投与は1回10~20mg(0.25~0.5錠)より開始し、原則として1週ごとに10mg(0.25錠)/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mg(1錠)を超えない範囲で適宜増減する。

 

副作用

 

嘔気・嘔吐、食欲不振、下痢
性機能障害(女性:乳汁が出る、生理不順など 男性:性欲減退、勃起不全など)

 

セロトニン症候群、悪性症候群、錯乱、幻覚、せん妄、痙攣、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、重篤な肝機能障害、横紋筋融解症、汎血球減少、無顆粒球症、白血球減少、血小板減少、アナフィラキシーなどの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

成分

 

■パキシルジェネリック20mg
Paroxetine 20mg
パロキセチン 20mg

 

■パキシルジェネリック40mg
Paroxetine 40mg
パロキセチン 40mg

 

商品別名(日本名)

 

パキシル錠(GSK)、パロキセチン錠(メーカー名1あすか、メーカー名2三和化学、メーカー名3第一三共、メーカー名4エルメッド、メーカー名5富士製薬、メーカー名6富士フイルム、メーカー名7日本ジェネリック、メーカー名8小林化工、メーカー名9寿、メーカー名10興和、メーカー名11ニプロ、メーカー名12辰巳、メーカー名13鶴原、メーカー名14陽進堂、メーカー名15共和、メーカー名16大原、メーカー名17ダイト、メーカー名18ケミファ、メーカー名19沢井、メーカー名20サンド、メーカー名21高田、メーカー名22田辺(販)、メーカー名23東和、メーカー名24日医工、メーカー名25日新、メーカー名26ファイザー、メーカー名27マイラン、メーカー名28明治、メーカー名29ザイダス、メーカー名30テバ)

 

 

ご利用に当たっての注意事項
・掲載している情報は、掲載会社の提供情報を元に作成したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
・当サイト閲覧、使用によって生じた損害については、いかなる場合も運営者は一切責任を負いません。

 

個人輸入・抗うつ剤、精神安定剤のお役立ちリンク

トップへ戻る