リレプティッド Rileptid 2mg(リスパダールジェネリック)の通販|効果・副作用

リレプティッド Rileptid 2mg(リスパダールジェネリック)の通販|効果・副作用

リレプティッド Rileptid(リスパダールジェネリック)の通販

 

 

 

国際書留郵便 【シンガポール】 お届け日数:約5~10日

 

価格

容量

評価

1,650円 ($14.39)

1箱20錠

リレプティッド,ジェネリック,Rileptid,リスパダール,通販

お届け日数

送料

支払方法

約5~10日

送料無料

銀行・カード

 

統合失調症治療薬リスパダールジェネリック

 

 

リレプティッド Rileptid(リスパダールジェネリック)の説明

リレプティッド Rileptid(リスパダールジェネリック)は、統合失調症治療薬リスパダールのジェネリックで、新しいタイプの非定型抗精神病薬です。

 

リレプティッドの特徴として、抗セロトニン作用・抗ドパミン作用という2つの効果を併せ持っている点です。

 

統合失調症とは脳の中の、神経伝達物質の異常が原因とされています。症状としては幻覚や妄想等があげられ、日常生活にも支障をもたらしてしまいます。

 

有効成分のリスペリドンが脳に直接働きかけドパミン2受容体を遮断し、陽性症状を抑えます。不安感・緊張感・抑うつ等にも使用されています。

 

 

効果

 

統合失調症、小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性

 

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

用法

 

統合失調症

通常、成人にはリスペリドンとして1回1mg(0.5錠)1日2回より開始し、徐々に増量する。維持量は通常1日2~6mg(1~3錠)を原則として1日2回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。但し、1日量は12mg(6錠)を超えないこと。

 

小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性

体重15kg以上20kg未満の患者:通常、リスペリドンとして1日1回0.25mg(0.13錠)より開始し、4日目より1日0.5mg(0.25錠)を1日2回に分けて経口投与する。症状により適宜増減するが、増量する場合は1週間以上の間隔をあけて1日量として0.25mg(0.13錠)ずつ増量する。但し、1日量は1mg(0.5錠)を超えないこと。

 

体重20kg以上の患者:通常、リスペリドンとして1日1回0.5mg(0.25錠)より開始し、4日目より1日1mg(0.5錠)を1日2回に分けて経口投与する。症状により適宜増減するが、増量する場合は1週間以上の間隔をあけて1日量として0.5mg(0.25錠)ずつ増量する。但し、1日量は、体重20kg以上45kg未満の場合は2.5mg(1.25錠)、45kg以上の場合は3mg(1.5錠)を超えないこと。

 

副作用

 

不眠症、不安、激越、アカシジア、振戦、傾眠、構音障害、ふらつき、頭痛、ジストニー、便秘、流涎過多、悪心、筋固縮、月経障害、易刺激性、倦怠感、ALT(GPT)増加、CK(CPK)増加、悪性症候群、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症、不整脈、脳血管障害、高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、持続勃起症などの症状が現れる場合があります。

 

その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

成分

 

Risperidone 2mg
リスペリドン 2mg

 

商品別名(日本名)

 

リスパダール錠(ヤンセン)リスペリドン錠(ヤンセン)

 

関連統合失調症

 

ご利用に当たっての注意事項
・掲載している情報は、掲載会社の提供情報を元に作成したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
・当サイト閲覧、使用によって生じた損害については、いかなる場合も運営者は一切責任を負いません。

 

個人輸入・抗うつ剤、精神安定剤のお役立ちリンク

トップへ戻る