アーユルヴェーダとは?

 

アーユルヴェーダとは?

 

 

アーユルヴェーダは、インドに古くから伝わる伝統医学で、体系的な医学としては世界最古といわれています。

 

起源はインドの宗教の一つであるバラモン教の聖典「ヴェーダ」にありますが、その後長い年月をかけて、インドの医師らが「ヴェーダ」から呪術的な要素をとり除き、医学として集大成しました。

 

インドでは、アーユルヴェーダ専門の医科大学や研究所が設けられ、家庭でできる医学として国民にも広く浸透しています。

 

アーユルヴェーダという言葉は、サンスクリット語のアーユス(生命)とヴェーダ(真理)を合成したもので、生命の科学を意味します。

 

 

西洋医学では、病気に対する治療に重点がおかれていますが、アーユルヴェーダでは病気の予防を重視し、自分で行える病気の予防法や健康増進法を、生活に即して具体的に示しています。

 

自分自身のからだや心の状態を知ったうえで、それに合った生活術を実践し、自然治癒力を高めるのがアーユルヴェーダの手法です。

 

 

また、自然と共生する生命観や日常生活を健康に送るうえでの生き方も教えており、アーユルヴェーダは自然に従いながら健康で幸福に生きるための知恵として、欧米や日本でも注目されています。

 

 

病気になってからあわてて治療を始めるのではなく、ふだんから健康を維持して病気にならないようにする生活術が、医療の重要な課題になっています。

 

アーユルヴェーダが注目されているのも、予防医学として健康を維持する具体的な方法が示されているからといえるでしょう。

 

生活習慣病(成人病)をはじめ、ストレスや慢性疲労による心身の病気などの現代病を未然に防ぎ、健康を手に入れるための指針として、アーユルヴェーダが教える生活の知恵を活用しましょう。

 

リボーンプログラム

リボーンプログラムの口コミ|カンボジア女子1人旅
リボーンプログラム 女性の一人旅で、アーユルヴェーダに精通するカンボジア伝統医療を取り入れたスパ施術や、朝焼けのアンコールワットを背景に超神秘的なヨガ体験しませんか?

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る