育児ストレスが精神疾患の引き金に

育児ストレスが精神疾患の引き金に

 

 

子育てに悩むお母さんの精神状態が研究されるようになり「マタニティブルー」「産後うつ病」「育児ノイローゼ」「育児ストレス」などの言葉がよく使われるようになってきました。

 

しばしば混同して使われていますが、これらはそれぞれ別のものを意味しています。

 

 

マタニティブルー

出産数時間から数週間のあいだに始まり、数週間以内に自然解消する一過性の情動不安定状態をいいます。

 

症状は、わけもなく気分が落ち込んだり、不安になったり、イライラするというように感情が不安定になり、また、集中力の低下、頭痛や不眠、脱力感、疲労感を訴える場合もあります。

 

 

この原因には、まず第一に出産後のホルモン分泌の急激な変化があげられます。

 

これに加えて母親というはじめての経験に対する緊張感や責任感、不安などによって感情の起伏が大きくなるためと考えられています。

 

ですからこれは、出産にともなう生理的な反応で病的なものとはいえません。

 

ただし、感情が不安定になるこの時期にストレスが加われば、それだけ病的な精神状態になりやすくなっているので、注意は必要です。

 

産後うつ病

 

産後1か月ごろから多発し、マタニティブルーから産後うつ病に移行する例もあります。

 

この症状は、マタニティブルーよりも病的です。表情が乏しく、暗くなり、何をするにも気力がわかなくなります。

 

 

赤ちゃんが泣き叫んでいても抱いたりあやすことも苦痛になり、授乳やおむつの取り替えもできなくなります。

 

家事もとどこおりますから家の中がだらしなく散らかったままになったりもします。

 

 

「何とかしなくては」と思うのですがどうしてもからだが動かず、「自分は母親失格だ」「妻としても存在価値がない」などと自己嫌悪におちいり、果ては自殺を考えるまでになっていきます。

 

原因としては、育児ストレスによって心身が疲れ果ててしまうことが大きな因子と考えられます。

 

 

育児ノイローゼ

 

マタニティブルーや産後うつ病とは違い、厳密な医学的な定義はありません。

 

赤ちゃんから幼児期にかけての育児全般に極度な不安を抱いている人、また、それが原因で不眠や錯乱、興奮などの発作的な行動をとる場合などに慣用的に使われる言葉です。

 

最近マスコミなどで問題になる幼児虐待なども、「育児ノイローゼ」のための発作的な行動と説明されることが多いようです。

 

 

育児ストレス

これは、病気を表す言葉ではありません。

 

子育てによって感じられる不安やイライラ、失望、焦り、疲れ、不眠など、お母さんの心身に負担をかけるさまざまな要素のことをいいます。

 

いいかえれば、産後うつ病のような精神障害や育児ノイローゼなどの原因となるものです。

 

 

 

スポンサーリンク


 

合わせて読みたい記事

育児ストレスとは?
育児ストレスの原因は、子育ては母親の義務、という観念にとらわれ、それがうまくいかない現実に罪悪感を持つことにあります。この観念から解放されることが、ストレス解消の第一歩です。
誰もが経験する育児ストレス
子育ては大変な作業です。出産直後、体力が回復するかしないかのうちに昼も夜もなく数時間おきの授乳やおむつ替えに追われ、やがて始まる夜泣き、離乳の問題など労働がえんえんと続きます。
気持ちを外に向け育児ストレスを発散することが大切
うまくいかないときは、子ども相手にがんばるだけでなく、ほかの人に助けを求めたり、ぐちをこぼしたり、なるべく子どもと2人だけの世界から、気持ちを外に向け育児ストレスを発散することが大切です。
幼児期の子どもを持つ母親が夫に望むこと
幼児期の子どもを持つ母親が夫に望むことは、お風呂に入れることや子どもの遊び相手などです。 育児ストレスを防ぐ最大の方法は子育てに対する夫の理解と仕事の分担です。
育児ストレスと幼児虐待
かわいいはずの子どもが手ごわい小鬼のような存在になるとき、思わず子どもに手をあげて、あとで自己嫌悪におちいる母親は少なくありません。
育児ストレスの克服・体験談 子どもの病気への不安から・・・
仕事がいそがしい夫は、帰宅が遅くほとんど話をする機会もありません。子育ての相談もできない日が続き、育児ノイローゼになりかかっていましたが、その時は実家の母親に電話で何かと相談し、何とか乗り切りました。

このページの先頭へ戻る