幼児期の子どもを持つ母親が夫に望むこと

幼児期の子どもを持つ母親が夫に望むこと

幼児期の子どもを持つ母親が夫に望むこと

 

 

夫には何を望みますか?

  • 早く帰ってきてほしい
  • 休みは家に居て欲しい
  • 育児について話し合って欲しい
  • 育児の知識を身につけて欲しい
  • 私をいたわってほしい
  • 要望なし

 

母親を育児ノイローゼに追いつめるもう1つの要因は、周囲の無理解からくる孤独感です。

 

とくに子どもの父親である夫が育児にまったく関心を示さず、子育てのすべてを母親がかぶるものと決めつけていると、母親が感じる育児ストレスは大きいものになります。

 

 

たとえ妻が専業主婦であっても、子どもに対する責任は夫にも同等にあることを忘れてはなりません。

 

しかし、夫が育児の面で活躍することは、ほとんどないというのが現実でしょう。

 

しかし、価値観を変えて仕事よりも自分の子どもと接する時間を重視した父親たちがいます。

 

「男も女も育児時間を!連絡会」(略称・育児連)では、メンバーの男性が育児休暇を取って子育てに参加することもあります。

 

スポンサーリンク


 

 

幼児期に密接な関係を持つことは、子どもとの心の絆を強めます。

 

こうしたふれあいを持った父親は、老後「枯れ落ち葉」「粗大ゴミ」などと子どもたちにうとんじられることはないはずです。

 

 

幼児期の子どもを持つ母親が父親に望むことは、お風呂に入れることや子どもの遊び相手などです。

 

育児ストレスを防ぐ最大の方法は子育てに対する夫の理解と仕事の分担です。

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る