幼児期の後期は好奇心が旺盛 【学習能力が向上するのが特徴】

幼児期の後期は好奇心が旺盛

 

 

3歳ころから6歳までの幼児期には、自制心がかなりできあがり、遊びが上手になります。

 

他者を観察する力がついたり模倣する能力が育ち、空想力が豊かになるとともに学習能力が向上するのが特徴です。

 

 

保育園など集団生活に一歩踏み出す時期ですから、発達の課題としては、指示を受け止めて従う能力や、仲間との相互作用の能力を高めること、言葉の発達と概念形成を推進すること、積極性と自己抑制のバランスを習得することなどがあげられます。

 

スポンサーリンク


 

好奇心旺盛の問題と対応

 

爪をかむなど神経性のさまざまな習癖が出る時期ですから、子どもをよく観察し、発現がないよう注意します。

 

知的好奇心が旺盛になり、性的な好奇心も芽生えますが、自閉化させない工夫が必要です。

 

 

また、空想力が旺盛になる時期ですので、精神面のトラブルがあると虚言傾向が身につくことがあります。

 

吃音(きつおん)傾向がある場合は、習癖化しないよう十分にトレーニングをしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク


 

合わせて読みたい記事

子どもの発達段階に応じたメンタルケア・メンタルヘルス
幼児期の性格や行動は、「三つ子の魂百までも」といわれるように、将来を決める重要な時期です。子どもが発達の段階をスムーズに移行できるように、親が手助けをしてあげることが大切になってきます。
離乳期の対応が問題となる乳児期
食事は人間の基本的な行動ですから、いやがるのに無理に離乳食にすると、子どもに深刻なフラストレーションが生じてしまいます。
幼児期は学習嫌悪の予防が大切 【行動を制限して、学習する意欲がなくならないように】
乳児期に心身の問題もなく過ごした子どもは、1歳を過ぎるころになると「いや」という態度や言葉を発するようになり、自己主張が芽生えます。
親離れが始まる学童期 【親は子どもの自立心を尊重し、受け入れる準備をしましょう。】
この時期は、学校生活から大きな影響を受けつつパーソナリティーを発達させ、からだを動かして活発に遊ぶことが多くなります。
心の問題が引き金となる小児心身症 【対応や治療法は個々に違ってきます。】
子どもの各発達段階でのメンタルケアがうまくいかないと、心の問題が引き金になって身体病を引き起こす小児心身症になることがあります。小児心身症とよばれるものには、次のようなものがあります。

このページの先頭へ戻る