親離れが始まる学童期 【親は子どもの自立心を尊重し、受け入れる準備をしましょう。】

親離れが始まる学童期 【親は子どもの自立心を尊重し、受け入れる準備をしましょう。】

親離れが始まる学童期

 

 

小学校入学から二次性徴が現れる思春期までの時期をいいます。

 

この時期は、学校生活から大きな影響を受けつつパーソナリティーを発達させ、からだを動かして活発に遊ぶことが多くなります。

 

 

発達の課題としては、運動能力を鍛えることや仲間との適切な関係をつくること、学校や近隣など家庭外の生活ができること、自制心や役割分担などの能力を高めるなど、親から自立して社会生活に必要な事柄を習得することです。

 

スポンサーリンク


 

親離れが始まる学童期の問題と対応

 

学童期の子どもは、親からの自立を図ろうとし始めます。

 

親は子どもの自立心を尊重し、子どもの親離れを受け入れる準備をしましょう。

 

 

また、この時期に病気などで入院したりすると、心理的に傷つきやすいものです。

 

劣等感などをもたないように親の配慮が必要になります。

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る