離乳期の対応が問題となる乳児期

離乳期の対応が問題となる乳児期

離乳期の対応が問題となる乳児期

離乳期の対応が問題となる乳児期

 

 

乳児期とは、ひとりで立って歩くことができるようになる生後15か月くらいまでをいいます。

 

乳児期には、身体面の成長と運動機能の発達が著しく、基本的な感情表現能力も発達します。

 

 

乳児期の子どもは母親に完全に依存し、愛され関心をもたれていることを実感しながら、感情や自己イメージ、人間観、世界観を形づくっていきます。

 

母子間の満たされた関係によって、子どもには自分自身と周囲への信頼感が生まれ、自分の成長をおそれることなく、生きる力を身につけていきます。

 


 

離乳期の問題と対応

 

乳児期の問題の一つは、いかに離乳をスムーズに行うかです。

 

食事は人間の基本的な行動ですから、いやがるのに無理に離乳食にすると、子どもに深刻なフラストレーションが生じてしまいます。

 

必要以上に母親への不信感を抱かせないよう、離乳を急がないで子どもの成長に応じて進めましょう。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る