コミュニケーションが困難になるとき

コミュニケーションが困難になるとき

コミュニケーションが困難になるとき

コミュニケーションが困難になるとき

 

 

コミュニケーションの相手がコンピューターや機械であれば、インプットした情報に対する反応や結果はある程度予測できます。

 

しかし、相手が人間の場合、どんな反応が返ってくるのかをあらかじめ予想することは困難です。

 

 

人は送られてきたメッセージに含まれる情報を、過去の経験や知識などに基づいて意味づけをしたり、解釈をしようとします。

 

そのため、送り手が伝えたかったことが相手に正確にくみとってもらえないケースがあります。

 

 

また、年齢や性別、性格、立場などの違いや、親交の度合い、好意をもっているか、気が合わない相手かといった、送り手と受け手との人間関係の親密度によっても、受け止め方に違いが生じてくるものです。

 

さらに、コミュニケーションに用いられる言葉や態度は一様ではないために、それだけ解釈の幅は広くなるといえます。

 


 

 

日常のコミュニケーションでは、メッセージの送り手と受け手が常に入れ替わるものです。

 

一方的に送る、受けるというわけではなく、常に立場が変化します。

 

 

そのため、メッセージの理解に一度ずれが生じると、後のコミュニケーションの過程で送り手と受け手の心理的ギャップがどんどん大きくなってしまうことも決してめずらしくありません。

 

つまり、私たちは日常生活のなかで常にコミュニケーションの方法や情報のすれ違いに悩み、試行錯誤を繰り返す状況におかれているといえるでしょう。

 

 

例えば、職場では、立場の違いなどを反映して、コミュニケーションが困難になることが多いものです。

 

部下の立場であれば、上司の機嫌を損ねたくない、あるいは自分の評価を高めたいという意識から本音を言えずにいたり、不用意な表現によって仕事上のトラブルを招いたりしてストレスを抱え込むことがあります。

 

 

逆に、上司の立場にあれば、部下の心情に配慮するあまり、命令や説教口調にならないように気をつかいすぎたり、部下の失敗に対して思うようにしかることができず、うっぷんがたまってしまうケースがみられます。

 

 

また、いくら叱責や忠告を繰り返しても、相手の反応が鈍いとむなしさを覚えたりもします。

 

最近は、女性に対して冗談で言ったつもりの一言が、セクシュアル・ハラスメントととらえられてしまい、トラブルを招くといったケースも少なくないようです。

 


 

 

隣近所との付き合いでも、対人コミュニケーションに気をつかう場面はしばしばみられます。

 

マンションなどの集合住宅で隣の部屋の騒音が気になるようなときでも、その後のつき合いを思えばなかなか文句も言えず、心理的葛藤に陥りがちです。

 

 

たとえ親子や夫婦といった関係であっても、ちょっとした言葉の行き違いから対立することもよくあります。

 

 

なかには、思っていることを口に出せなかったり、言いたいことをうまく表現できないなど、会話が苦手で引っ込み思案な性格のためにコミュニケーションに悩む人もいます。

 

口下手な人は、会話が苦手な人でも上手に円滑にコミュニケーションとる方法を参考にしてみてください。

 

 

また、相手の顔色をうかがったり、他人の言動を気にしすぎるタイプの人は、会話を交わした後に「あんなことを言わなければよかった」「相手が気を悪くしたのではないか」などと思い返し、いつまでも気に病んでしまうこともあります。

 

 

日ごろのコミュニケーションや対人関係の悩みからストレスが高じてくると、心身の不調を招きやすくなります。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る