会話が苦手な人にとってコミュニケーションはストレスとなる

会話が苦手な人にとってコミュニケーションはストレスとなる

会話が苦手な人にとってコミュニケーションはストレスとなる

コミュニケーションとストレス

 

 

私たちの社会生活は、会話=コミュニケーションを基盤にしているといっても過言ではありません。

 

「おはよう」のあいさつに始まって、家族や友人との会話、職場での会議や交渉、電話、買い物と、コミュニケーションなくして私たちの生活はなりたちません。

 

 

しかし、会話が苦手な人は、日常生活のなかでも円滑なコミュニケーションを保つのは、かなりの困難ですよね。

 

会話のなかで、自分の思いや考えを伝えようとしても、適切な言葉がみつからずに苦心したり、相手から思いもよらない反応をされて、とまどうといったことはしばしば起こります。

 

 

真意が伝わらず、誤解が誤解を生んでお互いに傷ついたり、悩んだりするケースもみられます。

 

会話だけではなく、ときには相手の態度に腹を立てたり、不愉快な思いをすることもあります。

 

 

家庭や学校、職場、地域社会などにおける多様な人間関係のなかで、コミュニケーションを保ち続けていこうとするとき、誰もが多少の心理的負担を覚えるものです。

 

 


 

 

また、一つ一つは小さなすれ違いであっても、コミュニケーションのトラブルが積み重なれば、対人関係や社会生活に支障をきたして、ストレスを感じることになります。

 

そして、ストレスが大きくなると、心身の病気を招く結果にもなりかねません。

 

社会の価値観の変化や多様化に加え、パソコンやスマートフォンの普及による新しい通信手段の発達に伴い、従来のコミュニケーションのあり方が大きく変わってきています。

 

 

そうしたストレスから、いつしか会話が苦手になり、他者との交流を避けたり、まったく会話のない時を過ごす人が増えてきているようです。

 

また、つき合う人の数は多くても、どんな人とも長い時間一緒にいることができないというケースもみられます。

 

その結果、人間関係を深めることができず、悩んでいる人も多くなりつつあるといわれます。

 

 

人と人とのコミュニケーションは、複雑であり、ときには厄介なものです。

 

しかし、傷つくことをおそれていては、親密な対人関係を築いていくのは難しいかもしれません。

 

 

コミュニケーションの方法は一様ではありません。

 

人それぞれのコミュニケーションのとり方があるはずです。会話が苦手な人でも上手に円滑にコミュニケーションとる方法を参考に、自分にとってストレスがたまらないコミュニケーションを図っていきましょう。

 

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る