脳科学者が答える集中力を高める方法!○○が不足しているから集中できない?

 

ホンマでっか!?TVなどでおなじみの、脳科学者の中野信子さんに集中力を高める方法を教えていただきました。

 

 

脳科学者の中野信子さんが教えてくれた集中力を高める方法

 

 

最近、集中力がなくて、すぐ気が散っちゃうんです・・・


 

 

 

 

集中できないのはセロトニン不足かもしれないよ?


 

 

 

セロトニンという物質はよく幸せを感じさせるホルモンとして有名ですけども、そのセロトニンというのは集中力にも関係あるんですか?


 

 

 

そうですね、セロトニンが足りなくなるとやる気がなかなか出なかったりとか、不安が高まったりしてほかのことに注意が向いちゃったりする傾向が高まっちゃうんです。

 

他のことに気が散らされてしまうということになるので、なかなか集中も高まらないという悪影響があります。不足すると、セロトニンが足りないというのは「うつの原因」ともいわれているんですね。セロトニンをうまく脳の中で合成するには原料を食べないといけないんですね。


 

 

セロトニンの原料ってなんでしょう?


 

 

 

 

セロトニンの原料は、トリプトファンっていうアミノ酸なんですけれども、そのトリプトファンが何に入ってるか気になりますよね?

 

カツオであるとか、マグロとか赤身の魚に豊富に含まれているんですね。


 

 

具体的ですね(笑)


 

 

 

 

 

あとはレバー、落花生・ゴマ・アーモンド、チーズ、ほうれん草などにも含まれています。


 

 

 

なるほどです!それを食べれば集中力が増すんですね!


 

 

 

そうですね!しかし合成されるまでに数日かかりますので、即効性はないです。

 

手っ取り早く体内に分泌させるには、湯船につかるとか、マッサージをするとか、気持ちいいことをするということですね。


 

 

 

しかし、いずれにしてもバランスの良い食事は必要なんですね


 

 

 

 

そうですね。やっぱり、低たんぱく質になってしまう無理なダイエットとかすると、そういうこと起こりがちですけれども、なるべく無理のないダイエットせずに、バランス良く食事を取るっていうのが脳にもいいことです。

 

体も痩せると、脳も痩せちゃうますからね。


 

 

 

集中力を高めるには、バランスのよい食事でセロトニンの原料を摂取することから始まるんですね。


 

また、中野信子さんは「ウォーキングなどのリズム感のある、かるい運動をすることによってもセロトニンが増し、集中力が高まる」とも説明してくれました。

 

 

 

しかし、トリプトファンだけを極端に多く摂ると健康を害することもあります。トリプトファンは、必須アミノ酸の一つで、もちろん、からだにとって必要な成分ですが、トリプトファンだけを極端に多く摂ったり、特定のアミノ酸だけを極端に多く摂ると、アミノ酸全体のバランスが崩れ、健康を害するおそれがあります。

 

アミノ酸は、バランスよく揃っていないと、十分な力を発揮できません。バランスが悪いと合成されるたんぱく質の量も減ってしまいます。トリプトファンの「セロトニン効果」はアミノ酸のバランスが良い中でこそ期待されます。

トップへ戻る