異文化ストレス

目次

  • 異文化ストレスとは
  • 精神症状が起因となる旅行
  • カルチャーショック要因
  • 言葉の壁が大きい海外生活
  • 異文化がぶつかり合う国際結婚問題
  • 同一性が混乱してしまう帰国子女
  • 在日外国人の心の問題の相談

 

言葉や習慣の違いなどのカルチャーギャップを乗り越えて、多くの日本人が海外で働いています。

 

しかし、異文化に対する適応がうまくいかず、心ならずも帰国を余儀なくされる人も多いのです。

 

言語や生活習慣の異なる土地での暮らしはストレスが大きく、コミュニケーション・ギャップから精神疾患を発症することもあります。

 

 

異文化ストレス:関連カテゴリー

ストレス 単身赴任

異文化ストレス|カルチャーショック・文化摩擦などによって生じるストレス記事一覧

異文化ストレスとは

異文化ストレスとは、異文化との出合い・カルチャーショック・文化摩擦などによって生じるストレス反応をいいます。関連:カルチャーショック要因近年、留学、ビジネス、国際協力ボランティア、国際結婚などで海外に滞在する日本人が100万人を超すなど、国を越えた人の動きが活発になっています。交通網や通信手段の発達、マスメディアのグローバル化などにより、海外の文化は距離的にも心理的にも身近なものになりました。しか...

精神症状が起因となる旅行

外国への渡航は、観光のように決まった居所をもたずに渡航する旅行者、居所を定め留学や就労を目的として渡航し本国への帰国を予定する一時滞在者、国際結婚や移民などのように渡航国への定住を目的として本国への帰国を予定しない永住予定者などに大きく分けることができます。最も多いのが観光旅行を目的とした短期の旅行者です。大勢で海外旅行に出かけたり、予定も決めずに一人で気楽にあちこちを見て歩くのも楽しいものです。...

カルチャーショック要因

異文化に出合ったときに生じるさまざまな問題を、一般にカルチャーショックといいます。カルチャーショックには、言葉、文化の構造や意識の違いなど、さまざまな問題があります。①仕事上司と部下の間の権力の差、個人の裁量権、業務とつき合いの関係、性差、平均在職期間などについて文化間で違いがあります。②時間と空間時間については各文化で大まかな単位時間があるとされ、約束の時間に遅れる場合などに典型的に現れます。あ...

言葉の壁が大きい海外生活

留学生や就労のために渡航した人とその家族などは、一時滞在者とよばれます。一時滞在者のなかには、大使館員などの政府関係者、海外進出企業の駐在員などのように、本国の人事管理によって渡航している人と、留学生やワーキング・ホリディなどの若者、また労働ビザをもって現地で働く人など、本人の自発的な選択によって渡航し、滞在中の生活基盤に対する組織の援助がない人がいます。しかし、生活基盤や身分の保証の有無にかかわ...

異文化がぶつかり合う国際結婚問題

国際結婚は、結婚して自国に住む場合と、相手の国や第三国に移住するケースでは、事情が違ってきますが、ある精神科医は、国際花嫁といわれるアジアから日本にきた女性たちの調査から経時的なストレスの変化を次のように指摘しています。結婚した当初は緊張が持続しますが、しばらくすると周囲の事情がわかってきて「大変なところにきてしまった」「想像と違う」といった不安や問題が生じてきます。3か月もたつと、かなり余裕も出...

同一性が混乱してしまう帰国子女

親の転勤などで海外で生活し、学齢期に帰国するのがいわゆる帰国子女です。学齢期に達した子どもたちは、異文化への適応を余儀なくされ、母国に帰国するときに再び精神的負担を強いられるという二重の苦悩があります。特に帰国に際しては、もともと日本人なのだからと、当たり前のように要求される日本人化の問題を抱えているといわれます。帰国子女は、渡航してから帰国するまでにさまざまな生活の変化を体験します。複数の文化と...

在日外国人の心の問題の相談

在日外国人の心の問題の相談世界の多くの国や地域に、日本人会などの現地邦人の互助組織が存在します。また、大手企業などでは長い派遣経験を生かして独自のメンタルヘルスを含む医療のノウハウをもっています。しかし、通常は日本語でメンタルケアを受けられる地域は、ロンドン、パリ、ニューヨークなどに限定されています。せめて電話で話ができる日本人医師を見つけておくのも大事なことです。在日外国人の場合は、まず保健所や...

トップへ戻る