家庭内暴力、児童虐待 【親の子どもに対する暴力行為】

もう一つの家庭内暴力、児童虐待 【親の子どもに対する暴力行為】

もう一つの家庭内暴力、児童虐待 【親の子どもに対する暴力行為】

もう一つの家庭内暴力、児童虐待

 

 

 

もう一つの家庭内暴力、児童虐待

 

親の子どもに対する暴力行為のことを児童虐待といいますが、このなかには身体的な暴力のほかに、性的な暴行や心理的な虐待、養育の怠慢や子育て放棄なども含まれています。

 

心理的な虐待は、親が子どもを「役立たず」とののしったり、嫌がらせを言ったりするケースで、子どもは傷つき、おびえ、うつ状態に陥ったり、ときには無表情になったりします。

 

なぜ虐待は起こるのか?虐待する親の特徴

 

虐待する親の特徴として経済的に苦境に立ち、社会からも孤立しがちであることが明らかになっています。

 

また、比較的多いアルコール依存症の父親のケースでは、社会的地位があるにもかかわらず、酒に酔って虐待を繰り返すことが報告されています。

 

 

一つの仮説として、子どもに常習的な暴力を振るう親の多くは、自分の幼少時代に暴力を振るわれていたという報告もあります。

 

子どもを虐待する親の大半は、ごく平凡な人たちですが、子どもを殴る父親は妻も殴っていることが多く、暴力が一種の「家風」になっていることが指摘されています。

 

スポンサーリンク


 

児童虐待を防ぐには

 

児童虐待が起きた場合、児童相談所の職員は親と話し合って解決策を探りますが、子どもを親元から離したほうがよいと判断した場合は、家庭裁判所の指示を仰がなければなりません。

 

 

ただ、家庭裁判所が子どもを親元から離すことを認めることは少なく、結果として虐待の危険を回避できないことが多いようです。

 

子どもを虐待しているのが当の保護者であるために、多くの場合、解決どころか発見するのも難しいのが現実で、子どもたちを親の暴力からどうやって守っていくかが深刻な課題となっています。

 

 

児童虐待防止全国ネットワーク オレンジリボン
https://www.orangeribbon.jp/

 

思春期の子どもの親に対するいわゆる家庭内暴力は鎮静化する傾向にありますが、児童虐待や夫の妻に対する暴力は、逆に顕在化しつつあります。

 

いずれの場合も、社会のゆがみや男女の関係のゆがみが家族という最小単位の集団に現れたものだけに、解決は困難で、息の長いケースバイケースの対応が求められているのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る