家庭内暴力とは? 【思春期の子どもが家族に対して振るう暴力行為】

家庭内暴力とは? 【思春期の子どもが家族に対して振るう暴力行為】

家庭内暴力とは? 【思春期の子どもが家族に対して振るう暴力行為】

家庭内暴力とは

 

 

思春期の子どもが家族、特に母親に対して振るう暴力行為のことを「家庭内暴力」とよんでいます。

 

学校や社会に適応できない不満や挫折感を家族に対して暴力を振るうことで発散しようとする問題行動で、東京の進学校に通う少年が祖母を殺害した事件などをきっかけに、1970年代後半からクローズアップされるようになった現代の社会病理の一つです。

 

 

学歴偏重社会のゆがみが、色濃く投影された現象といえます。

 

 

家庭内暴力は、思春期の子どもが家族に対して振るう日本特有の病理として現れましたが、諸外国ではこうしたケースはまれで、妻に対する夫の暴力や子どもに対する親の児童虐待が家庭内暴力の大半を占めています。

 

 

日本でも80年代以降、アルコール依存症の夫による妻への暴力や、親による子どもの虐待が、次第に明らかになってきました。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る