家庭内暴力の原因と学歴社会の影

家庭内暴力の原因と学歴社会の影

 

 

どんなに親子関係の問題があったとしても、子どもを挫折させる状況がなければ、家庭内暴力は起きません。

 

子どもたちを家庭内暴力に追い込む原因としてあげられるのが、現代社会にはびこる学歴偏重主義です。

 

 

親が子どもに高い学歴を求め、教育熱心なばかりに、人間性を育てることに目がいかなくなります。

 

そのために、偏差値の高い学校に進学するとか、一流企業に入社することなどが人生の目的だと勘違いしてしまいがちです。

 

 

家庭内暴力を振るう子どもと親の多くは、このような画一的な考え方に支配されています。

 

そして、受験競争がもたらす軋轢や期待どおりの成績を上げられない挫折などがきっかけとなって、競争を放棄し、やり場のない怒りを暴力によって家族にぶつけることになります。

 

家庭内暴力の原因となるもの

 

  • 親の期待過剰
  • 父親の無関心
  • 母親の過度な愛情
  • 本人の性格の偏り
  • 祖父母の異常介入
  • その他

 

親が必要以上に子どもに干渉することが家庭内暴力を引き起こす原因の一つとなっています。

 

半面、父親が大切な場面で逃げ腰になってしまうことにも問題があるようです。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る