家庭内暴力の原因と学歴社会の影

家庭内暴力の原因と学歴社会の影

 

 

どんなに親子関係の問題があったとしても、子どもを挫折させる状況がなければ、家庭内暴力は起きません。

 

子どもたちを家庭内暴力に追い込む原因としてあげられるのが、現代社会にはびこる学歴偏重主義です。

 

 

親が子どもに高い学歴を求め、教育熱心なばかりに、人間性を育てることに目がいかなくなります。

 

そのために、偏差値の高い学校に進学するとか、一流企業に入社することなどが人生の目的だと勘違いしてしまいがちです。

 

 

家庭内暴力を振るう子どもと親の多くは、このような画一的な考え方に支配されています。

 

そして、受験競争がもたらす軋轢や期待どおりの成績を上げられない挫折などがきっかけとなって、競争を放棄し、やり場のない怒りを暴力によって家族にぶつけることになります。

 

スポンサーリンク


 

家庭内暴力の原因となるもの

 

  • 親の期待過剰
  • 父親の無関心
  • 母親の過度な愛情
  • 本人の性格の偏り
  • 祖父母の異常介入
  • その他

 

親が必要以上に子どもに干渉することが家庭内暴力を引き起こす原因の一つとなっています。

 

半面、父親が大切な場面で逃げ腰になってしまうことにも問題があるようです。

 

 

 

スポンサーリンク


 

合わせて読みたい記事

家庭内暴力とは? 【思春期の子どもが家族に対して振るう暴力行為】
思春期の子どもが家族、特に母親に対して振るう暴力行為のことを「家庭内暴力」とよんでいます。1970年代後半からクローズアップされるようになった現代の社会病理の一つです。
家庭内暴力の形態とタイプ 【家庭内暴力は、四つの類型に分かれます。】
家庭内暴力は通常、言葉による攻撃から始まります。親を「おまえ」とか「おい」とか呼び捨てにして、大声を出したり、汚い言葉でののしったりします。
家庭内暴力の原因と親子関係 【家庭内暴力は思春期に集中】
家庭内暴力の原因には様々ありますが、ここでは親子関係に焦点をを絞って述べています。家庭内暴力が注目されるようになった背景には、親子関係の変化があります。家庭内暴力が起きてしまった場合、最も重要なのは、親が子どもと真正面から向き合うことです。
子どもの家庭内暴力とカウンセリング 【都道府県など自治体の教育相談所があります。】
心理療法(カウンセリング)は、親に対して行うケースと本人を相手にする場合がありますが、家庭内暴力の場合ほとんどの場合は親のカウンセリングが主になります。家庭内暴力の公的な相談機関に相談するのも一つの方法です。
もう一つの家庭内暴力、児童虐待 【親の子どもに対する暴力行為】
親の子どもに対する暴力行為のことを児童虐待といいますが、このなかには身体的な暴力のほかに、性的な暴行や心理的な虐待、養育の怠慢や子育て放棄なども含まれています。

このページの先頭へ戻る